本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(17)特別編・ゲストハウスを経営する診断士に聞く(1)伊達万祥さん

取材・文:田中 祥太(中小企業診断士)藤崎 麻美子(中小企業診断士)

【第1回】診断士活動で感じた、事業を行うことの大切さ

2017年11月14日更新(取材日:2017年7月25日)

地域に根づいた活動を行う中小企業診断士をご紹介する「地産地診」。今回は、地元・和歌山でゲストハウスを経営しながら中小企業診断士として活動する伊達万祥さんにご登場いただきます。
診断士試験に合格後、単身ニューヨークへ渡り、世界の広さを知ったという伊達さん。第1回は、現在の活動となぜニューヨークに渡ろうと思ったのか、その経緯をお尋ねしたいと思います。

外国人旅行客に特化したゲストハウス「Wakayama Guest House 士道 Shido」

―現在の仕事内容についてお聞かせください。

2016年に開業した古民家ゲストハウス「Wakayama Guest House 士道 Shido」を経営しています。高野山は外国人旅行者の人気観光地なのですが、泊まる所が少なくて…。そこで、ニューヨークに行った経験も踏まえて、主に外国人旅行者に特化して営業をしています。ホームページも英語版のみです(https://www.guesthouseshido.com/)。

中小企業診断士の活動としては、「GSDコンサルティング」という中小企業診断士2名でやっている経営コンサルティング会社の代表を務めています。経営支援やセミナー等、コンサルティングの仕事はやはり大阪・東京が中心になりますので、和歌山と行ったり来たりです。

―外国人のお客様は、どのように集客をされているのですか?

中小企業診断士のつながりから、駐在員向けのマンスリーマンション賃貸業者や留学生向けの携帯販売会社、日本語学校等を紹介していただき、チラシを置かせていただいています。そのほかにも、ホームページを使っての集客を中心に行っています。

ニューヨークでの武者修行で感じた世界の広さ

―ゲストハウスを経営される前に、どのようなきっかけでニューヨークへ行かれたのですか?

診断士試験に合格したら、20代のうちに海外に行こうと思っていまして…。移住しようとかそういう考えではなく、海外に行って仕事をして価値観をリセットし、日本で再度スタートを切って頑張ろうと思っていました。

ニューヨークでは、日系企業が進出するためのマーケットリサーチや携帯電話の現地プロモーション――ちょうど2010年のサッカー南アフリカW杯の頃でしたので、その集客イベントに携わったりしていました。前職のITベンダー企業とは違う中小零細企業で、働き方を学ばせていただきました。

―ニューヨークでは、どのような気づきがありましたか?

日本人がマイノリティであることは意識させられましたね。「あぁ、世界で見ると日本って小さいのだな」と。ほかにも、日本は何でも高品質だけれど高価格で、オーバースペックにオーバーサービスなのだな、等々、世界と日本との違いを考えさせられました。

あとは、やはりコミュニケーション能力というか、自分の主張をはっきりと伝える大切さは感じました。

―帰国後、なぜ和歌山でゲストハウスを経営しようと思われたのですか?

きっかけは、海外の友人の泊まる所がなくて…。高野山周辺は観光地なのに、意外と泊まる所がないと気づいたことがきっかけでした。

また、ずっと部屋が空いているのがもったいないと思ったこともあります。5年ほど前に買い取った建物をずっと放置していたのですが、父親が高野山でやっている蕎麦屋をここにも出すことになり、ちょうど隣に泊まれそうな部屋が余っていたので、うまく使おうということで改修してゲストハウスをくっつけたのです。田舎にはちょうど良い「飲食併設型」という形です。外国人の方が一番楽しみにしているのは食事なので、それも併せて提供できるというのはシナジーがあると思っています。

海外で、日本の品質と価格の高さはわかっていましたので、宿泊というサービスを低価格で提供するために、設備投資も最小限で済むゲストハウスにしました。このことは、海外に行っていないとわからなかったことかもしれません。

また、事業をやることで自分のコンサルティングにも厚みが出るのではないかとも思っています。

―もう少し詳しくお聞かせいただけますか?

これまでは、理論・理屈はわかるけれど説得力がないように感じていましたが、自分で事業を行い、経験していることなら、コンサルティングのお客様にも説得力が増しますし、実績として紹介できます。そういう意味で、余っている資産をうまく使ってできるゲストハウス事業をやってみようと思ったのです。

(つづく)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

プロフィール

伊達 万祥さん

伊達 万祥(だて かずよし)
GSDコンサルティング代表、Wakayama Guest House Shidoオーナー、士道塾塾長。昭和58年和歌山県生まれ。ITベンダーやニューヨークの広告代理店で経験を積む。帰国後、自身も起業家として事業を運営しながら、経営者の外部ブレーンとして会社づくりを支援している。


【会社名】GSDコンサルティング
【所在地】〒554-0011 大阪府大阪市此花区朝日2-18-8-3F-351
【TEL】06-6940-7805
【E-mail】info@gsd-ny.com
【URL】https://www.gsd-ny.com/ https://www.guesthouseshido.com/ https://www.gsd-ny.com/shidojyuku

このページの先頭へ