経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(16)特別編・UIターン診断士に聞く(3)細野哲平さん(東京都→宮城県仙台市)

取材・文:松本 真也(中小企業診断士)

【第2回】Uターンが地域との関係を育む

2016年12月22日更新(取材日:2016年9月19日)

地域に根づいた活動を行う中小企業診断士をご紹介する「地産地診」。今回は特別編として、「UIターンをした中小企業診断士」を取り上げています。
 第3弾は、東京都から地元の宮城県仙台市へUターンした細野哲平さんにお話を伺っています。その第2回は、地域交流の実際や今後の展望、そしてUIターンを検討されている皆様へのメッセージをお聞かせいただきました。

地域の人々とのつながりが大切

―地元の中小企業診断士の皆様とは、どのような交流をされていますか。

宮城県中小企業診断協会の事務局を担当させていただいているため、協会の活動を通じて頻繁に交流の機会があります。興味のある研究会にも、どんどん顔を出すようにしています。研究会については個人的に、内容が自分の興味に合うかどうかだけでなく、参加してみて雰囲気が自分に合うかどうか、という観点も大切だと考えています。

当協会は東北のお国柄か、やや慎重な人が多いため、打ち解けるためには何度も顔を合わせる必要があるように感じます。3~4回お会いして、ようやく少しだけ仲間と認識していただけるかな、という感触でしょうか。

研究会の場では、ストレートに仕事をご紹介いただくことは少ないですが、顔を覚えていただき、後からお声がけをいただくことは多いです。東北で人的ネットワークを作り、仕事をしていくうえでは、積極的にこちらからお会いしていく姿勢が非常に大切ですね。

―中小企業診断士以外の方とのネットワークは、どのように築かれているのでしょうか。

地元IT企業の交流会にも、よく出席するようにしています。私は元SEとして、IT面を支援することも多いため、地域にどのようなソリューションを持つ企業があるかを知っていることが非常に役立ちます。中小企業の支援者として、お互いにお客様を紹介し合うこともあるんですよ。このネットワークは、自分にとっての強みでもあると思います。

―やはり、ITがキーとなるのですね。

ITは切り離せませんね。とはいえ、未経験の分野についてもいろいろと依頼を受けます。その際、専門外の領域ですのでお断りしようとしても、大変ありがたいことに、「それでも細野さんに担当してほしい」とおっしゃっていただけることもあるため、一生懸命に勉強しながら対応しています。結局は、人に仕事がついてくるのだと改めて実感しています。だからこそ、やはり地域の人々との関係性が重要なのでしょう。

「その地域が好き」という気持ちで

―今後は、どのような活動に注力しようと考えていらっしゃいますか。

得意領域であるITと海外をかけ合わせ、「ITを活用した海外進出支援」に力を入れていきたいと考えています。仙台にはまだ、海外進出を考えている企業はそれほど多くありませんが、今後は海外にも目を向ける流れになっていくはずです。国も、ECで海外に販路開拓を行う企業を支援するなど注力している分野ですので、その部分で貢献できる中小企業診断士になっていきたいですね。

―ご自身の夢や地元への思いをお聞かせください。

漠然とした言い方になってしまいますが、「頼りにされる存在になりたい」ですね。地域の事業者の皆様から頼りにされるように、もっともっと能力を高めていきたい。偉大な先輩方がたくさんいらっしゃいますので、遠い将来の話かもしれませんが、ゆくゆくは「東北にこの人あり」という人の1人になりたいですね。

また、やはり海外進出の仕事も増やしていきたいです。私自身も、海外へ行くことで視野が広がりましたし、押し売りするつもりはありませんが、東北の皆様にも海外進出の可能性をご紹介していきたいですね。

最後に、UIターン独立を考えていらっしゃる方へメッセージをお願いします。

「どこでUIターン独立をするか」ということについては、その地域を好きかどうかが非常に大切だと思います。私も、地元が好きだから東北に来ました。

一度UIターンをしたら、そこで根を張って一生やっていく、というくらいの気概が必要だと思うんですよね。「2~3年いたら、すぐに次の場所へ」という調子では、地域の方々にも心を開いていただけません。

UIターンを決める前に、その地域の中小企業診断士と仲良くなるのも一つの手だと思います。たとえば、東京にいながら宮城県中小企業診断協会に所属し、頻繁に宮城県にいらっしゃる方もいますが、このようにお互いの信頼を築いてからのUIターンということも考えられます。私にできることがあれば力になりたいと思いますので、ぜひお声がけください。

取材を終えて

取材中、人懐っこい笑顔で、ご自身の活動や思いをストレートにお話しくださった細野さん。チャレンジ精神と地元愛を胸に、いきいきと活躍される様子に、筆者もすっかりUIターン独立の魅力に惹かれてしまいました。

(おわり)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

プロフィール

細野 哲平(ほその てっぺい)
合同会社ジェイドキャット代表社員。中小企業診断士。モバイルコンテンツプロバイダー企業のSEとして勤務した後、26歳で独立。経営者としてさまざまな経験を積みながら診断士資格を取得し、自身の経営者経験を活かして、宮城県を中心に真に社長の身になった経営支援を行う。得意な支援ジャンルは、経営戦略・事業計画策定、IT・Web活用、中国を中心とした輸出入・海外進出など。
(一社)宮城県中小企業診断協会 理事、宮城県よろず支援拠点コーディネーター、仙台商工会議所 エキスパートバンク登録専門家、宮城県商工会連合会 エキスパートバンク登録専門家ほか公職多数。

事業所名:合同会社ジェイドキャット
所在地:宮城県仙台市宮城野区宮千代2-18-2-607
TEL:022-778-6418
E-mail:t.hosono@jadecat.biz
ホームページ:合同会社ジェイドキャット