本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(16)特別編・UIターン診断士に聞く(2)伊藤勝彦さん(大阪府→山口県・周防大島)

取材・文:仲田 俊一(中小企業診断士)

【第2回】想像以上の充実感を与えてくれたUターン独立

2016年12月15日更新(取材日:2016年8月25日)

Uターン独立を果たされた伊藤勝彦さんにお話を伺う第2回。今回は、Uターン独立のスタートアップ時から今後の目標、そしてUIターン独立を目指す方へのメッセージをいただきました。
 参考までに、独立当初の伊藤さんを取材した記事「地産地診(2)山口県編【第3回】独立1年目で活躍する中小企業診断士 シンプルシステム代表・伊藤勝彦さんに聞く」もぜひご覧ください。

Uターン独立を振り返って

―実際にUターン独立をされていかがですか。

良かったですね。悪いことは不思議とまったくありません。

強いて言えば、周防大島は山口県の主要都市と離れているため、常に2~3時間の車の移動が必要なことでしょうか。ただ、私は運転が苦ではないため、気になりません。

―地元での仕事の地盤は、どのように固めていかれたのでしょうか。

独立した初年度は売上が低く、所得はマイナスでしたが、2年目からは目標売上を達成し、所得も増えました。特別なことをしたわけではありませんが、前回もお話ししたとおり、山口県協会の先輩方からのご紹介や、仕事を全力で返し続けて信頼関係を作っていったことが良かったのだと思います。

中小企業診断士ですので、戦略と計画性を持って目標を達成すべきなのでしょうが、実際にはこれらのくり返しが次につながり、想像以上に広がっていきました。2年目からは協会の理事にも任命していただきましたが、仕事をつなげていくには、実力だけでなく、人への対応や人格が本当に重要だと思います。

また、支援機関の方との人間関係もとても大事にしています。たとえば、支援機関でセミナーをする際、名前を思い出してもらえるかどうかが重要ですので、私の存在を忘れられないように、SNSで情報を発信したりコミュニケーションをとったりして、存在感を常に出しておくようにしています。

―独立前に想像されていたこととのギャップはありましたか。

売上にしても充実感にしても、ここまでうまくいくとは思ってもいませんでした。正直に言って、現在の自分の姿は独立前に想像していた以上です。診断士資格の取得を機に、勢いでUターン独立をして、本当に良かったと思っています。

UIターン独立を考えている方へ

―今後、どのようなことに力を入れていかれるのでしょうか。

自分でも実業をしようと思い、知人数名と会社を設立し、その会社の株主と取締役になりました。

会社を設立した理由は2つあって、1つは、ビジネスモデルの転換です。従来のコンサルティングやセミナー講師の仕事は、自分が稼働した範囲でしか収入を得られません。もう少し欲を出して収入を増やすには、自分たちで実業をして収益を得る仕組みを作る必要があると思い、実行しました。

もう1つは、実業の経営経験をコンサルティングやセミナーに活かしたいという思いです。自分が実践したことを通じてアドバイスをしたほうが、私も説明をしやすいですし、聞いているほうも想像しやすく、効果が高まるでしょう。そのため、実践を増やしてその経験を活かし、他のコンサルタントとの差別化を図っていこうと思っています。

―最後に、UIターン独立を考えている中小企業診断士にメッセージをお願いします。

やりたい気持ちがあるのであれば、その方向で物事を考えたほうが良いと思います。UIターン独立は、冷静に考えるとリスクが多いのは当然ですので、経営コンサルタント的に考えすぎず、時には思い切って飛び込む勇気も必要だと思います。

たしかに、診断士資格を取得したにもかかわらず、都会から田舎へ行って独立するというのは、かなりの"変わり者"だと思います。しかし、その一面を自覚して活動すれば、存在感が自然に生まれ、周りから一目置かれて、将来への光が見えてくるのではないでしょうか。

私が独立した頃と比べると、山口県でもUIターンをする独立診断士が、わずかですが増えつつあり、競争関係が生まれて活発化し始めています。やりたい方はぜひ、挑戦してみてください。応援しています。

取材を終えて

生まれ育った地とはいえ、初めて仕事をする場所で一から人間関係を作り、独立されるのは、本当に大変だったと思います。その大変さを微塵も感じさせず、現在の生活や仕事の充実感をいきいきと語る伊藤さんの姿が印象的でした。私も刺激を受けて、UIターン独立を考えてしまいそうです。

UIターン独立を考えていらっしゃる方は、当コーナーでこれまでご紹介してきた、各地で活躍される中小企業診断士の記事をぜひ参考にしてみてください。

(おわり)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

プロフィール

伊藤 勝彦(いとう かつひこ)
シンプルシステム株式会社代表取締役、(一社)山口県中小企業診断協会理事。1973年生まれ。大阪や広島でソフトウェア開発や情報処理サービスの会社に勤務、技術職から営業職まで経験し、中小企業診断士として独立。2010 年に山口県・周防大島町で開業し、人口減少地域でも成り立つ事業を実践中。
ホームページ:Simple System 中小企業診断士&IT技術

このページの先頭へ