経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(14)奈良県編

取材・文:平井 彩子(中小企業診断士)

【第3回】世の中の役に立つ仕事

取材日:2015年10月5日

第3回は、奈良のITコンサルティング企業・(株)ブルーオーキッドコンサルティングの取締役である野村陽子さんに、地元企業の支援や「Leapなら(奈良県女性起業家事業拡大支援事業)」の活動についてお話を伺いました。

中小企業診断士資格を取得して

―中小企業診断士として仕事をするきっかけについてお聞かせください。

独立するつもりで中小企業診断士資格を取得したわけではありませんでした。しかし、取得して他の中小企業診断士の方の話を聞いたり、実習でさまざまな中小企業の経営者と出会ったりする中で、自分の生き方や働き方について見つめ直す機会を得ました。

悩んでいたときに、奈良県中小企業診断士会の森先生から「世の中に役立つことをやっていれば、収入は後からついてくるんやで」と言われ、やりたいことを実現するには今の会社を出るしかないと思いました。最初は1人で独立することを考えていましたが、同じ会社のOBであり、また中小企業診断士でもあった現在の当社代表に誘いを受け、2013年に「株式会社ブルーオーキッドコンサルティング」の役員として参画することになりました。

―ブルーオーキッドコンサルティングでは、どのような活動をしていますか。

当社のお客様の約9割が奈良県内の中小企業・個人事業主です。これらのお客様に対して社内のメンバーが連携しながら、クラウドコンピューティングの導入支援やホームページ制作にコンサルティングから携わっています。

最近ではSNSの活用やWebマーケティングの仕事も増えてきました。今年度は小規模事業者持続化補助金の支援もたくさん行いましたし、本連載の第1回で話題になった「Leapなら」の事業運営なども行っています。

女性起業家支援の活動を受託して

―「Leapなら」の女性起業家支援活動についてお聞かせください。

当社の強みを活かし、創業支援についてはITの切り口から行ってきましたが、約2年前、奈良県が募集していた女性起業家支援事業と出会いました。「受託企業は創業10年以内の会社」ということと、当社のコンセプトである「才能を活かす社会にする」という点が事業の目的と合致しました。自ら起業することが才能を活かすことに一番良い事業形態だと常々私たちも考えていたため、県からの募集に手を挙げさせていただきました。

奈良県は、女性の就業率が全国で一番低いと同時に、県外就業率は全国で一番高くなっています。女性の就業率が低い理由の1つが、結婚や出産で会社を退職した後の復職の場がないことでした。

県の女性支援課は、女性の就業支援や子育て支援を行う課ですが、起業を促進することで女性が働く場を作り、女性の従業員数確保が見込めるなど、長い目で見て奈良の女性が働く場を作っていこうという趣旨で事業を実施しています。

―中小企業診断士の協力も得ているそうですね。

女性起業家を対象とした個別の経営相談やセミナーも実施していますので、その都度、他の中小企業診断士にご協力いただいています。これも奈良県の中小企業診断士のつながりが強いおかげです。

―やりがいのある仕事ですね。

自分自身、“働く”ということに対して、いろいろと模索しながら進んできていましたので、「Leapなら」の事業の一環で約70名の女性起業家へインタビューを実施し、皆さんのこれまでの人生や起業のきっかけを聞いて、とても刺激になりました。そのため多くの方に、起業すること・経営者となることのやりがい、楽しさを広めていきたいと思っています。

世の中の役に立つ

―独立されて、世の中の役に立っていることを実感しているようですね。

そうですね。会社に所属しながらそれを実感できれば一番ですが、前職では組織の論理に縛られ、自身が最適と考える解決策をお客様に提供できなかったり、自分のキャリアも自由に選べなかったりといったことに頻繁に遭遇しました。

独立し、1人でも小さな会社ででも、フロントに立って動けるほうが活動領域は広いですし、自分の裁量やスキルも発揮しやすく、充実したキャリアを築くことができると思います。

―今後の方向性についてお聞かせください。

今後もITに軸足を置いていきたいというのはあるのですが、この業界は技術の進展も速く、キャッチアップに限界があります。細かな技術については、協力会社様とも連携しながら担保できればと思っています。

私の強みは、中小企業診断士としてお客さまのコンサルティングを行い、企業経営の基礎をしっかりと組み立て上げていくことだと思いますので、そちらに軸足を移していかないといけないと思っています。

(おわり)

【お役立ちコンテンツ】

【関連情報】

野村 陽子(のむら ようこ)
株式会社ブルーオーキッドコンサルティング取締役。
NTT西日本の法人営業部門にて13年間、中堅・中小企業や医療機関に対するIT導入支援に従事し、多くの導入実績を保有。現在は奈良県内外の個人事業主・中小企業のお客様に対し、クラウドコンピューティング活用をはじめとするIT導入コンサルティングに携わっている。情報処理技術者(情報セキュリティアドミニストレータ、テクニカルエンジニア(システム管理))、キャリアコンサルタント(CDA)でもある。
会社名:株式会社ブルーオーキッドコンサルティング
所在地:奈良市内侍原町6番地 奈良県林業会館24号室
TEL:0742-81-8120
ホームページ:http://www.blueorchid.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/blueorchidconsulting/