経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

地元に根付いた活動報告

地産地診

(4)栃木県編

取材・文:大石 幸紀(中小企業診断士)

【第1回】企業の事業承継を自分の支援テーマに活動中[2]

取材日:2011年8月4日

地元と大学を結ぶコーディネーター

― 地域活性化では、益子町の活性化に関わっていると伺いました。

水沼啓幸さん

益子町は、焼き物の町です。今年3月、法政大学と益子町は事業協力協定を結びました。法政大学は、益子町をフィールドとして、地域活性化策などの調査研究を進め、さまざまな分野で町と大学が協力しながら地域活性化を推進していく予定です。

益子町には昔ながらの友人が多いのですが、地元企業の経営に携わっている者、フリーターをやっている者などさまざまです。友人の父親(企業経営者)を座長に酒を飲みながら、それぞれの立場から、地域に対し自分たちで何ができるのかとワイワイやっているうちに、母校の法政大学と町が連携すれば面白いのではというアイデアが生まれてきました。その父親の薦めで、私が地元の経営者の集まりで話をする機会をいただき、それが契機となり、地元のネットワークが一気に広がりました。そして、この話は大塚朋之益子町長の耳にも届き、法政大学地域研究センターの松本敦則准教授をご紹介することになりました。こうして、事業協力協定にまで進んだのです。自分は、この協力関係の中で、客員研究員として地元行政、地元事業団体と大学を結ぶコーディネーター役を担当しています。

フリーターの友人と、地元企業の経営に携わっている友人、それぞれが益子町のためにできる役割があると思うんです。一緒になって益子町の発展に取り組んでいくことで、将来的にはフリーターの友人も、地元産業の中での役割を見つけることができればいいなと思っています。

― これからはどのような分野に進まれるのでしょうか。

当社の社名「サクシード」は、「引き継ぐ」という意味なんです。企業の事業承継を自分の支援テーマにしたい、という思いから名付けました。栃木県の企業が築き上げてきた経営資源を、年配の経営者から若手の経営者に継承することを、支援していきたいと考えています。

また自分も、先輩方がこの栃木県で築いてくれた中小企業診断士の知名度を継承させてもらっていますが、そこに自分ならではの、新しい中小企業診断士としての役割を加えることができればと思っています。

<< [ 1 ][ 2 ]

(つづく)

水沼 啓幸(みずぬま ひろゆき)
(株)サクシード代表取締役。大学卒業後、(株)栃木銀行勤務、融資業務、法人営業を経験。平成22年4月中小企業診断士登録し、独立起業。会社の経営理念は「次の世代により良い社会を引継ぐ」。次世代型の経営支援をテーマに、後継経営者の経営承継支援をメイン業務として活動している。また法政大学大学院客員研究員として、研究活動についても大学院修了後も継続して行っている。

会社名 株式会社サクシード
代表取締役 水沼 啓幸
所在地 栃木県宇都宮市桜2-1-26 2F
TEL 028-678-2540
FAX 028-678-2540
URL http://succeed-biz.jp/