創業から事業承継まで、施策の活用メリットを具体的に紹介します。 創業から事業承継まで、施策の活用メリットを具体的に紹介します。
人材関連
2019.1.15

メンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」

働く人の多くが、ストレスを抱えています。小さなストレスであれば対応できるかもしれませんが、時には大きなストレスが降りかかってくることもあります。放っておけば、心身に不調をきたすことにもつながります。

「こころの耳」とは

「こころの耳」は、厚生労働省の委託事業として開設された働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトです。働く人本人だけでなく、サポートする家族・職場の上司や同僚・会社経営者、人事担当者・メンタルヘルスを支援する専門家等にも役立つ情報を提供しています。

<こころの耳>
こころの耳より
こころの耳(http://kokoro.mhlw.go.jp/)より

たとえば、働く人本人向けには、「職場のストレスセルフチェック」、「動画で学ぶメンタルヘルス教室」、「こころの病 克服体験記」等が役立ちます。さらに「こころの耳 相談窓口」として、メール相談・電話相談も開設されています。

職場の上司や同僚の方には、「e-ラーニングで学ぶ 15分でわかるラインによるケア」、「動画で学ぶメンタルヘルス教室」、「メンタルヘルスに関する各種手引・パンフレット」等がおすすめです。メンタルヘルスの知識を学び、職場全体で対策をとれば、こころの病を防ぐことにつながります。

ストレスチェックをしてみよう

とはいえ、自分ではどれくらいストレスが溜まっているのかがわからないという方もいらっしゃるでしょう。「こころの耳」には、「5分でできる 職場のストレスセルフチェック」、「3分でできる(簡易版)職場のストレスセルフチェック」、「疲労蓄積度セルフチェック」等が掲載されています。

筆者も「5分でできる 職場のストレスセルフチェック」を試してみました。クリックしながら、どんどん質問に回答することができ、結局5分もかからずに回答を終えることができました。「ストレスの原因因子」、「ストレスによる心身反応」、「ストレス反応への影響因子」がレーダーチャートで表示され、総合的には「あまりストレスをかかえていない」という診断結果になりました。

<5分でできる 職場のストレスセルフチェック(診断結果例)>
5分でできる 職場のストレスセルフチェック(診断結果例)

著名人のメンタルヘルス

筆者が興味をひかれたのが、「ポジティブ・シェアリング」のコーナーです。多忙な毎日を送っている著名人(タレント・芸人・歌手等)が、心身の疲れにどう対応しているのかについて、インタビューで語っています。

たとえば、タレントの鈴木奈々さん。毎日のようにテレビに出演し、笑顔と元気を振りまいています。彼女は、悩んだり疲れたりすることはないのでしょうか。「ポジティブ・シェアリング」のコーナーには、彼女が悩んだときのエピソードが掲載されていました。

お母さんは私が悩んだ時、いつも背中を押してくれます。昔、仕事でうまくいかなかった時があって、帰り道に電話したんです。そしたら「奈々ちゃん、悩むことは素敵なことなんだよ、成長できてるってことなんだよ」って。その一言で、前向きな気持ちになれました。

「こころの耳」より引用

ご本人はもちろん、「悩むことは素敵なこと、成長できてるってこと」という言葉で、娘さんを前向きな気持ちに変えたお母様も、とても素敵な方だと思いました。

同コーナーにはほかにも、多彩な活躍をされている皆さんのインタビューが掲載されています。皆さんの心の健康に役立つヒントが見つかるのではないでしょうか。

こころの病 克服体験記

うつ病・アルコール依存症・自律神経失調症といったこころの病に、人々はどのように対応しているのでしょうか。「こころの病 克服体験記」には、さまざまな体験エピソードが掲載されています。

たとえば、東日本大震災の際、福島県で被災した40歳代女性の体験談が掲載されています。震災によって突然、避難所生活を送ることとなり、肉体的にも精神的にも追い込まれていきます。被災から5ヵ月後の8月、ようやく一時帰宅が認められました。

その日は猛烈な暑さでした。防護服を身にまとい、放射線量測定器を首からぶら下げ何とも不思議な格好で家の中を長時間歩き回ったためか、暑さと疲労で具合が悪くなる人が続出しました。私も頭がくらくらしていましたが、絶対持ち出そうと心に決めていた子供のアルバムを目にしたとき、少し元気が湧いてきました。とにかく、まずは一時帰宅できる家が残っていたこと、大切なものに再会できたことを幸せに思おうと自分に必死に言い聞かせました。後ろ髪を引かれつつ、懐かしい故郷の姿をしっかり目に焼き付けて避難所に戻りました。

「こころの耳」より引用

エピソードを読んで、涙があふれました。逆境はいつ、誰に訪れるかわからないものです。逆境の中でどのように生きていけばよいかについて、大いに考えさせられました。

まとめ

  1. 「こころの耳」は、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト。働く人本人だけでなく、サポートする家族・職場の上司や同僚・会社経営者や人事担当者等にも役立つ
  2. 「5分でできる 職場のストレスセルフチェック」は、質問に回答することで、簡単にセルフチェックができるツール
  3. 「ポジティブ・シェアリング」には、著名人のメンタルヘルス対策が掲載されている
  4. 「こころの病 克服体験記」には、うつ病・アルコール依存症・自律神経失調症等の体験談が掲載されている
登録無料

J-Net21新着情報メールマガジン

毎週火曜日、元気に活躍する企業の情報や経営に関するQ&Aなど、中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」で更新されたお役立ち情報をお届けします。登録は無料です。

ご登録はこちら