本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > ここに注目!中小企業支援施策[平成25年度版]


少額の設備投資を行った場合の税制措置を知りたい
中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例制度

施策概要

取得価額が30万円未満の減価償却資産を取得された場合、税制の特別措置を受けることができます。

【対象となる方】

青色申告書を提出する個人事業者または資本金1億円以下の中小企業者等。

【対象となる資産】

取得価額が30万円未満の減価償却資産

【措置の内容】

取得価額の全額を損金算入できます。ただし、特例の対象となる損金算入額の上限は年間300万円までとなります。

【手続きの流れ】

確定申告書等に必要事項を記載し、少額減価償却資産の取得価額に関する明細書の添付をした上で最寄りの税務署に申告します。

【適用期間】

平成26年3月31日まで

【お問い合わせ先】

・国税庁、国税局(事務所)または税務署の税務相談窓口
・中小企業庁 財務課 電話:03-3501-5803

関連リンク


このページの先頭へ