本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > ここに注目!中小企業支援施策[平成25年度版]


初めて障害のある方を雇い入れた場合の助成金を知りたい
障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)

施策概要

障害者雇用の経験のない事業主が初めて障害者を雇用し、法定雇用率を達成する場合に、奨励金を支給します。

【対象となる方】

過去3年間に障害者(*1)の雇用経験のない一定規模(*2)の事業主であって、ハローワーク又は地方運輸局の紹介により、障害者雇用促進法第43条第1項に規定する法定雇用障害者数以上(*3)の障害者を一般被保険者として雇い入れた事業主。

*1 満65歳未満の身体障害者、知的障害者又は精神障害者であって、障害者手帳を所持している者に限る。
*2 常時雇用する労働者数(障害者の雇用の促進等に関する法律第43条第1項に規定する労働者)が50人-300人である企業。
*3 常時雇用する労働者数(*2と同じ)に法定雇用率(2.0%)を乗じた数(小数点以下切り捨て)。

【支援内容】

■ 助成額
一事業主につき120万円

■ 申請窓口
都道府県労働局又はハローワーク

【利用方法】

支給対象期間(*)の末日の翌日から起算して2カ月以内に、障害者初回雇用奨励金支給申請書に必要書類を添付して、障害者を雇い入れた事業所の所在地を管轄する都道府県労働局又はハローワークに提出します。

*支給対象期間は、障害者の雇い入れ完了日(1人目の障害者を雇用した日の翌日から起算して3カ月後の日までの間に当該雇い入れる障害者の数が障害者雇用促進法第43条第1項に規定する法定雇用障害者数以上となった日。賃金締切日が定められている場合は雇入れ完了日の直後の賃金締切日の翌日)から6カ月後。
例:障害者雇い入れ完了日が7/1で、賃金締切日が毎月15日の場合、支給対象期間は7/16-1/15となります。

【お問い合わせ先】

ハローワーク(公共職業安定所)又は都道府県労働局
・ハローワーク:URL http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html
・都道府県労働局:URL http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/index.html

関連リンク


このページの先頭へ