本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > ここに注目!中小企業支援施策[平成25年度版]


環境に配慮した製品の販売を促進したい
CO2排出量の「見える化」とクレジットの活用による環境配慮型事業活動の促進

施策概要

中小企業等の事業者が生産する製品等に関するCO2排出量分を、クレジットでオフセット(相殺)した場合に、当該製品等についてラベルを貼付することを認めて普及を支援します。これによって、事業者のCO2排出量分のオフセット活動を加速します。

【対象となる方】

中小企業等。

【支援内容】

1.「見える化」制度連携活性化事業
■具体的な流れ
・カーボンフットプリント制度の下で、事業者が生産する製品等に関するCO2排出量を算定(CO2排出量の「見える化」)。
・クレジット制度の下で創出されたクレジットを活用し、算定されたCO2排出量分を相殺・相殺済みの製品等に、CO2がゼロであるということを示す専用のラベルを貼付。
・政府としては、当該商品の普及や消費者の環境配慮製品の購買促進の双方を推進。

2.手続支援
クレジット制度の活用に際して、手続面での支援(審査費用の支援等)を受けることができます。

【利用方法】

「2.手続支援」については手続支援実施機関に御連絡ください。
*詳細は下記までお問い合わせください。
 なお、「1.『見える化』制度連携活性化事業」については事業内容が決定次第、問い合わせ先等の詳細を公表いたします。

【お問い合わせ先】

産業技術環境局 環境経済室 電話:03-3501-1679(直通)
URL:http://japancredit.go.jp/

関連リンク


このページの先頭へ