HOME > 支援情報・機関を知る > 日本の人財を育てろ!

動画で見る中小企業☆人財支援プロジェクト 日本の人財を育てろ!

高等専門学校等を活用した人材育成事業

■ 高専との連携で町工場もレベルアップ!〜東京〜

企業力を格段にアップさせる多彩なカリキュラム

イメージ

財団法人 大田区産業振興協会ウェブサイトへ

都立高専の強力な教授陣と設備が数多くの中小企業を強力にバックアップ!

産学連携の集積を背景に、機械・電気・材料を網羅的に扱いながら幅広い展開をみせている大田区・品川区(城南地域)、荒川区(城東地域)。

(財)大田区産業振興協会は、若手エンジニア育成についてニーズ調査を行なった結果、これらの地域では、家族経営の小さな企業が多く次期経営者候補の若手が活躍しており、「ゆくゆくはチームのリーダーとして活躍してほしい」というように若手に対する期待も多く見られ、経営を担える総合力のある若手人材を求めていた。一方、機械加工業に携わる企業が多く、日常の業務等の目前の問題にとらわれやすいために視野が狭くなりやすいという傾向が見られた。そこで、「総合的な知識・技術・技能を身につけた人材の育成」を企図して、右ページのような他に類を見ない多彩なカリキュラムが用意された。実際、配属部署にとらわれず、営業や倉庫管理等の担当者にCAD/CAMなどの専門外の分野について学ばせるといった例も見られ、幅広い知識や技能を求めるニーズにしっかり対応する形になった。

都立高専には、最先端の設備が用意されており、「デジタル化への対応」も十分なので、参加した若手は、「技術開発最前線」をもぞんぶんに体感できた。

そこから、若手技術者同士の交流や、高専の設備や教授陣の活用、技術力向上、さらには地域の強みでもある新技術・新商品開発へと発展してほしいとの期待も高まっている。「理論は現場と共通のものであり、理論を学ぶことによってプラスαの仕事が可能になることを実感してほしい」と教授陣は語る。

リンク人材パンフレット(経営者向け)で詳しく見る(PDF)

一覧へ戻る