製造/関東 「完全緩み止めを実現した転造二重ネジボルトの開発事業化」

緩まないボルトの開発

 ニッセー(山梨県大月市)は1939年にタップ、ダイス生産で創業。55年から今日の同社の主業務となる転造盤販売を開始した。現在はCNC制御を取り入れた転造盤による高精度加工で切削からの転換を企業に提案している。不況のなか「新しい研究開発を加速しなければならない」(新仏利仲社長)とし、商品化の準備を進めているのが緩まないボルト「パーフェクトロックボルト(PLB)」だ。

 九州大学の紹介で精密工具メーカーのオリオ精機(北九州市)と連携を開始。本事業では転造に使うダイスの開発製造を担当している。

 ひとつのボルト上にピッチの違うネジ山を加工し、先にピッチの大きなナットを入れる。次にピッチの小さいナットを装着。ピッチの違う2つのナットは外側が内側より進む速度が遅いため、内側のナットが緩むことを外側のナットがブロックする。

 従来、ボルトとナットの関係ではナット側に緩まない工夫をすることが多かった。今回の事業ではピッチの異なるネジ山を持つボルトの転造加工がポイントとなる。

 転造はダイスと呼ばれる工具を棒状のワークに転がしながら押しつけたりワークを押し込んだりして成形する加工法。ボルト作製では微細加工でもバリが出ない、後工程に人手が掛からないなどの利点が生かせる。

(株)ニッセー


会社名
役割分担
■コア企業
(株)ニッセー
ボルト加工用転造機の製造、「PLB」の製造販売
オリオ精機(株)転造用ダイスの製造



(株)ニッセー 新仏利仲社長<br>「新しい研究開発を加速しなければならない」

(株)ニッセー 新仏利仲社長
「新しい研究開発を加速しなければならない」

【信頼おける高精度ダイス】

 5年前から開発をスタート。商品化へ向けての品質向上とコストダウンを図っていたところ、新連携制度を知った。「今年の目標は仕様や材質の広がり、品質の最終確認を予定していた。その目標にぴたりと合致した」(新仏社長)と迷わず申し込んだ。

 緩まないボルトの開発には加工機に加え、工具の高精度化も必要。オリオ精機とは開発当初から連携した。「ダイス製造に欠かせない特殊な機械を持ち、開発を進めていたオリオ精機以外になかった」(同)。長年で築き上げた信頼が、いま商品化への大きな武器になっている。

 特にダイスはネジ山形状が複雑なため設計、製造にはノウハウが求められる。緊密に連絡を取り、技術のすり合わせを行うことで改善を進めた。工具の耐久性はダイス1組あたり当初のボルト2千本から2万本に上がった。

 品質において一番の要は「緩まない技術」。緩むということは振動の存在を意味する。「PLB」は振動が大きく、緩もうとする力が働くほど2つのナットの締結力が強まる。米国航空規格であるNAS3354の衝撃振動試験をクリアしたことがそれを証明している。

 緩まない技術と同時に、ボルトの強度も確立した。転造は金属組織を切断していく切削加工と違い、金属の塑性を変化させて押しつぶしたり盛り上げたりする加工法。従って、転造前の棒材より高い強度が得られる。本事業のボルトでは切削加工に比べ約2倍となった。

【販路開拓に強い味方】

 シンプルな機構で生産コストも安くはなったが、販売数が大きくならないと利益も出ない。「機械を売るノウハウはあっても1本数百円のボルトを売るノウハウがないので苦労している」(同)と話す。まだ試作段階なので出荷予定の数量は少ないが、今後の課題は販路開拓だ。

 その販路開拓とマーケティングの強い味方となるのは新連携制度で紹介されたプロジェクトマネージャー。中小企業にとって資金面の支援だけでなく人材面においての支援は特に有効となる。プロジェクトマネージャーの指導を受けながら、緩まないボルトを必要としている企業のニーズをつかんでいく。

 今後は企業内でのテスト向け納品を経て、9月からのビジネス展開を予定。建機向けでは8時間の過酷な耐久テストに挑戦する。風力発電や医療機器など「絶対に緩まない」ことが必要とされている分野に攻勢をかける。本事業で2014年度には15億円の売り上げを目指す。

 中国やアメリカを中心とした海外のインフラ整備需要も視野に入れている。「夢は海外の高速鉄道に使われること」(堀内憲男副社長)と期待はふくらむ。