製造/中部・北陸 「環境にやさしく燃料費の削減が可能になるLPGハイブリッド車の開発・販売事業」

LPG(液化石油ガス)ハイブリッド車を開発

 千代野自動車がコア企業となり、新連携の認定を受けたのは「環境に優しく燃料費の削減が可能になるLPG(液化石油ガス)ハイブリッド車の開発・販売」事業。この事業の中核となるのがLPGハイブリッド車だ。

 LPGハイブリッド車とは、燃料にLPGとガソリンを併用できる自動車。一般的にはバイヒューエル(BF)車と呼ばれ、欧州で普及が進んでいる。この連携事業では日本で馴染みのないBF車にLPGハイブリッド(LH)車という名前をつけて、国内での普及活動を展開している。

 LH車は、ベースとなるガソリン車に、LPG用のガスタンクや燃料噴射装置を取り付け、LPGを主燃料にして走行できるように改造。エンジンの始動とその直後はガソリンを使用し、エンジンが暖まった時点からLPGに自動で燃料を切り替える。

 ガソリンに比べて割安なLPGを多用するため、燃料費を削減できるうえ、二酸化炭素排出量も減らせる利点がある。このためガソリン価格の高騰や京都議定書で迫られている二酸化炭素排出量の削減に悩む企業、業界団体にLH車の採用を働きかけている。

 09年4月から、連携する企画工房セゾンが中心となってLH車を全国に普及させる活動を本格化する。手始めに、中部6県下の自動車整備工場を対象にLH車を理解してもらうセミナーを開催する計画となっている。

(有)千代野自動車


会社名
役割分担
■コア企業
(有)千代野自動車
LPGハイブリッド車への改造、LPGハイブリッド車への改造にかかる技術指導
(株)企画工房セゾンLPGハイブリッド車の販売促進と企画



(有)千代野自動車 細川 悟 代表取締役社長<br>「初めてLPGハイブリッド車を納入した時は、うれしかった。手塩をかけて改造しただけに、わが子のように思えた。がんばって元気に走ってほしい」

(有)千代野自動車 細川 悟 代表取締役社長
「初めてLPGハイブリッド車を納入した時は、うれしかった。手塩をかけて改造しただけに、わが子のように思えた。がんばって元気に走ってほしい」

【LPG車の欠点を解決させる】

 コア企業の千代野自動車は、自動車の整備や販売を手掛けている。同社の細川悟社長がLPGハイブリッド車の開発を思い立ったのは05年秋。当時、すでに原油価格高騰の動きが出始めており「燃料費の削減ができる代替燃料がないものか」(細川社長)と考えたのがきっかけだ。

 そこで目を付けた代替燃料がLPG。LPGだけで走るLPG車はコストが安くタクシー用として普及している。しかし一般には普及していない。その理由は、寒冷時の始動性が悪く、燃料補給施設が少ないからだ。半面、これらの問題を解決できれば「誰も取り組んでいない事業を進めることができる」と細川社長は考えた。

 LPGの欠点を克服した自動車の開発に頭を悩ませていた時、イタリアの企業が販売している改造キットを知った。それはガソリン車をLPGでも走れるように改造するものだった。

 早速、このメーカーのキットを取り寄せ、改造ノウハウを習得。さらに北陸から北の寒冷な地域でもスムーズに走行できるよう、走行データの蓄積やLPG燃料の噴射量を最適にする改良などを独自に重ねた。その結果、日本の風土に合ったLH車を完成させた。


【行政も積極的に推進。LH車の普及に自信】

 細川社長は07年11月、完成したLH車を普及させる計画を日本商工会議所が主催する「ビジネスプランコンテスト」に応募した。普及計画の社会性や実現可能性などが審査員に評価され、グランプリを獲得。LH車の普及への取り組みに自信を深めた。

 同時に、京都議定書の発効がきっかけとなって、国土交通省がLPG使用車への助成金制度を創設したこともLH車普及活動を後押しした。08年6月に本格化したLH車事業は現在、毎月3〜5台の改造の実績を上げている。

 連携を組む企画工房セゾンの渡辺保男社長との出会いは、細野社長の友人からの紹介だった。完成させたLH車を全国に普及させるには、パートナーが必要だと考え、友人に相談を持ちかけていた。紹介された渡辺社長は、石川県の地元新聞社が建設した文化施設の企画に携わるなど、人脈だけでなく行動力も備えているためパートナーとして適任だと判断した。

 両者は08年6月、LH車を全国に普及させる組織「北陸LPGハイブリッド車普及促進協会」を設立。LH車の普及活動に加え、LPGを補給できるガスステーションの普及にも努めている。既存のガソリンスタンドやLH車の導入を検討する企業や団体に、LPG用のガススタンド設置を勧める傍ら、補助金制度のアドバイスなども行っている。

 細川社長は「ガススタンドが増え、LPGの補給が容易になることで、LH車の普及に弾みがつく」と期待している。