HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

愛媛県

昭和初期の旧式織機による「たてよこよろけもじり織」をブランド化

企業名 工房織座 三類型 鉱工業品 地域資源名 タオル

織物の原点に立ち返った織物を追求

工房では昭和初期の旧式着尺一列織機が稼働する

工房では昭和初期の旧式着尺一列織機が稼働する

 愛媛県今治市は全国一のタオル産地。海外の格安品に押される中、高品質のIMABARIブランドづくりを進めている。工房織座は今治市の端にあるのどかな鈍川温泉の近くに所在する。同社の工房からは大量生産する他社のタオル工場の高速織機などとひと味違った昭和初期の懐かしい織機で一枚ずつ丁寧に織り込む音が聞こえてくる。これら織機は武田正利社長が全国を飛び回って「旧式着尺一列織機」などを集め、地元タオル会社の工場長時代に旧式織機を復元制作した経験を生かして社長自身が復元改良したもので、貴重な豊田式織機なども現役で動いている。また織工房隣の小さなログハウス風の建物はショールーム兼ショップになっており織物体験教室も開いている。

 武田社長が旧式の織機と織物の魅力にひかれたのは「現在の高速生産織機では本来の素材の良さがいかされていない」と感じていたから。「織物の原点に立ち返った織物がつくりたい」(同)という思いが強まり約40年勤めた会社を辞め2005年に創業した。そうしてこだわりを持ち旧式で織った織物は、素材にストレスがかからず軽やかで柔らかくやさしい肌さわりの織物に仕上がった。

ログハウス風の建物はショールーム兼ショップ

ログハウス風の建物はショールーム兼ショップ

 また武田社長は昔の織物を復元するだけでなく独自の「たてよこよろけもじり織」を開発した。この織り方はたて糸を横で縛って織る「もじり織」とたて糸とよこ糸を波状のよろけ(ウエーブ)をつけた手法を組み合わせた特殊織物。たてとよこ両方をよろけさせることで布に凹凸感のある立体的なデザインを実現した。

 同社は「たてよこよろけもじり織」でコットンや高級素材を使ったマフラー製品を販売。自社ブランド「KARAMI(からみ)」として売り出している。マフラー製品は織機1台につき一日当たり約20枚から30枚しか織れないため大量生産はできないが、価格競争に巻き込まれず他社にまねできない付加価値の高い製品を生み出した。

外部デザイナーと協力し新ブランド立ち上げ

新ブランド「ITO」のマフラー製品

新ブランド「ITO」のマフラー製品

 こうした努力やこだわりが認められ09年に第3回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞。また経済産業省の地域資源活用支援事業の認定を受け新ブランド「ITO」を外部デザイナーと協力して立ち上げた。武田社長の娘さんで企画担当の英里子さんがプロデュースし、トータルプランニングは、グラフィックを中心に活動するクリエーティブユニット「SPREAD」が手がけている。

 「ITO」は“糸”と古語の“いと=とても”という意味が込められている。「ITO」の特徴は「たてよこよろけもじり織」による漂う波。表と裏反対の配色の「昼夜織り」による2色の糸のリバーシブルな色合い。同社が開発した傾斜もじり織りによる斜めラインでの光やひらめきなどがデザインに生かされていること。またタオルの町・IMABARIの歴史、自然、風土をテーマにした物語性のあるパターンやカラーリングになっている。

 「ITO」は「KARAMI(からみ)」の特色を生かしてさらにデザイン性を高めた一段上のブランドになりつつある。

【コメント】工房織座・武田正利社長
アイデアは無限大

「KARAMI(からみ)」のマフラーを持つ武田正利社長

「KARAMI(からみ)」のマフラーを持つ武田正利社長

 今治のタオル産業は海外との価格競争に巻き込まれてきた。そうした中、前職の工場長のころに新しいものに挑戦する環境に恵まれ、付加価値の高いタオルを追求し、日本で初めてコットンマフラーを商品化した。タオルをいかに高く売れるかは難題だが、タオルをふくものだけではなく巻くものと考えた。タオル製品はこれまでにさまざまなかたちで商品化されてきた。タオルに限らず地域資源の活用はアイデアが出尽くしているように思われるが、アイデアは常にある。ものづくりは無限大だ。

会社概要

団体名:工房織座
住所:愛媛県今治市玉川町鬼原甲55
業種:旧式着尺織機を使ったコットンなど各種マフラーなどの製造販売
電話:0898-55-2564
URL:http://oriza.jp/index.html