HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

和歌山県

繊維の高機能化と編み方の工夫で海外製品と差別化

企業名 丸和ニット 三類型 鉱工業品 地域資源名 ニット

独自の技術で市場を開拓

バランサーキュラーで製造した、切り込み部分を多く取り入れた衣料

バランサーキュラーで製造した、切り込み部分を多く取り入れた衣料

 和歌山市内に本社を構える丸和ニットは1951年に設立された。「紀州ネル」と呼ばれる織物の生産で和歌山県が長く隆盛を極めた経緯からメリヤス業が根付いたことで、同社でも繊維関連企業として事業を展開。現在もTシャツをはじめトレーナーやワンピース、スカートの生地に使うニット素材、表地と裏地を貼り合わせたボンディング素材などの生産販売を行っている。しかし、国内の繊維関連市場には中国製などの低価格品が進出。同社においても、自社製品の高付加価値化により海外品との対抗軸をいかに打ち出すかが課題となっている。

 そこで同社は自社製品の素材に高機能を与える取り組みを推進中だ。その一つが、ボンディング技術の強化。洋服の芯となる布地部分にアルミなどをフィルム状に蒸着して表地と貼り合わせることで、湿気を通しても空気や水の流れは遮断する生地の開発に成功した。この生地をスキーやゴルフウエアなどの素材に用いれば、冬場にスポーツを行った場合でも汗による不快感を抑えながら温かさを維持できる。

 もう一つは、ニット素材を生産する特殊編み機「バランサーキュラー」(旧名バランサ)の活用。切断したニット素材を縫製して作り出した衣料品であるカットソーは、長期間にわたって着用すると型くずれを起こしてしまう。しかし、バランサーキュラーでニット素材を生産する場合、経(たて)糸を同時に編み込む。そのため形態安定性が高く、切断しても糸がほつれない。この技術の確立でジャケット、パンツなど高級ニット製品向けの素材提供に道を開いている。

自社改良の特殊編み機で、他社と一線を画す製品作り

生産現場でニット素材に関連する技術が生み出されている」(本社工場)

生産現場でニット素材に関連する技術が生み出されている」(本社工場)

 確実に新市場を開拓している同社だが、これまでの過程は決して順風満帆ではなかった。特にバランサーキュラーについては、生産するニット素材を同社の求める品質に高めるには相当の期間を要した。もともと他社製だったバランサーキュラーの中古品を、構造のユニークさに着目して購入したのが12年前。2台を購入したものの、生地品質は悪く、とても利用できる状態ではなかった。

 同社は直ちに改良を試みる。まず製品として市場に投入可能なニット素材を生産できる水準を目指し、購入から2年間にわたって試行錯誤を続けた。そのかいあって、今では形態安定性をはじめ伝線しにくい素材など他社とは一線を画した製品作りが可能な生産体制を構築している。

 今後はバランサーキュラーで生産した製品による新市場開拓に着手。一般消費者向け製品「Bebrain(ビブレイン)」の拡販に乗り出す。具体的にはカップ用コースターや装飾品、ストールや切り込み部分を多く取り入れたデザイン性の高い衣料を市場投入する。展示会にも出展して同製品の知名度アップに取り組み、同社のみならず和歌山県におけるニット関連産業の活性化にも貢献したい考えだ。

【コメント】丸和ニット・辻拓男専務
新分野に入り込むスタイル確立狙う

丸和ニット・辻拓男専務

丸和ニット・辻拓男専務

 成熟産業である繊維分野で生き残るには独自素材を追求し、売るための仕掛け作りを進めていく必要がある。それだけにボンディングやバランサーキュラーなど自社技術の果たす役割は大きい。特にバランサーキュラーは野球で言えば強力な1番バッターであり、まさにイチロー選手のようなイメージだ。
 今後も技術力強化を通じて、新分野に入り込むスタイルを確立したい。開発した製品はビブレインを筆頭に海外展開も視野に入れていく。特に和歌山県は現在も丸編みニット生地の生産量が高く、当社製品のアピールにより和歌山県に対する国内外からの注目度向上にもつなげたい。

会社概要

会社名:丸和ニット株式会社
住所:和歌山県和歌山市和田1164
電話:073-471-1231
URL:http://www.maruwa-knit.co.jp/