HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

山口県

香りと明かりを楽しみ、空気を清浄

企業名 ライフ 三類型 鉱工業品 地域資源名 萩焼

伝統工芸と科学技術が融合

ライフと大屋窯が共同開発した空気清浄機能付き香炉「リュース」

ライフと大屋窯が共同開発した空気清浄機能付き香炉「リュース」

 香りを楽しみながら、空気を清浄―。ライフ(山口市)が大屋窯(山口県萩市)と共同開発した香炉「リュース」は、単に香りを楽しむだけではない。香炉に付けた白金触媒ペレットが、空気をきれいにしてくれる。のみならず、周囲を暗くすれば、ろうそくの明かりが揺らめき、癒しを与え幻想的な空間をつくり出す。一石二鳥ならぬ、一石三鳥の優れモノだ。香炉は、山口県が誇る伝統工芸「萩焼」による磁器を使用。伝統工芸と白金触媒という科学技術が融合した。

 萩焼との出会いは、「偶然だった」(藤井一郎ライフ社長)という。デンマークなどの北欧住宅やリビング商品の輸入販売を手かけるライフの藤井社長は、05年に白金触媒についての論文をたまたま目にし、白金触媒で何かできないか考えていた。同時期に、山口県内で開かれていた萩焼の陶芸家・濱中史朗氏の個展を見に行っていた、藤井社長の息子でリュース・ディレクターの藤井圭一郎氏が濱中氏の作品に一目ぼれ。萩焼で何かできないか考えていた。親子2人が「これで何かできないか」というところから「空気清浄機能を備えた香炉」の開発が始まった。

欧州での販売も視野に

 白金触媒は、主に自動車の排ガス浄化用にマフラーに使用され、窒素酸化物(NOX)除去などに利用されている。また、白金触媒はそれ自体が化学変化を起こすものではないため、半永久的に効果を持続することができるという特徴がある。

 開発した香炉「リュース」に使用した白金触媒は、白金の微粒子をアルミニウムに製錬される前の中間物質アルミナ担体に付着させ球状のペレットにした後、ステンレス製のコイルに巻き付けて皿の下部に装着した。ペレットの付いた皿を下から、ろうそくで間接的に熱することで空気の対流が生まれ、有害物質を浄化するメカニズムとなっている。山口県産業技術センター(山口県宇部市)で行った性能実験では、シックハウス症候群の原因物質ホルムアルデヒト濃度が、5分後には約10ppm(初期濃度65ppm)に低下するデータが出た。また、アンモニウム実験では、6分経過後の濃度が約2ppm(同10ppm)まで下がった。

型物で量産化

香炉から漏れたろうそくの明かりが夢幻さを醸し出す

香炉から漏れたろうそくの明かりが夢幻さを醸し出す

 リュースは、陶芸家・濱中氏がデザインし、ろくろ成型で一つひとつ手作りで製作されている。ろうそくの明かりが直接目に触れないようにデザインを工夫し、土台の下の部分だけに切り込みを入れた。切り込みから漏れるろうそくの明かりが間接照明となり、夢幻さを醸し出す。また、上部の皿の面積を広くすることで、ろうそくで熱している途中でも皿の外側に熱が伝わらないように設計し、安全性にも配慮されている。

 ただ、土台や皿はすべて濱中氏による手作りのため、量産ができないこと、価格が3万1500円(香炉台付き)と高価になってしまうという課題があった。これに対処するため、現在、今秋の製品化を目指し、型物による香炉の開発を進めている。型物でつくった香炉の価格は、1万2600円からを想定している。

 発売から8ヵ月経過した現在までの販売総数は約200個。今後は販路の開拓も課題となる。藤井圭一郎リュース・ディレクターは、「間接照明の本場であり、キャンドル文化が根付いている欧州市場でチャレンジしたい。本場で評価されれば箔が付き、日本でも販路を広げることができる」と戦略を練る。藤井社長は、デンマークや北欧諸国との文化交流の促進を目的に83年に設立した「山口デンマーク協会」の代表をしており、北欧諸国とのパイプがあることも強みだ。

 「これからは若い人がニーズをつくっていく時代。息子にハンドリングしてもらい事業を展開していく」と、藤井社長は期待に満ちたまなざしを息子の圭一郎氏に向けた。これからも親子の二人三脚が続く。

二人三脚で事業を進める藤井社長(右)と息子の圭一郎氏

二人三脚で事業を進める藤井社長(右)と息子の圭一郎氏

【コメント】藤井一郎・ライフ代表取締役社長
人間関係の大切さ痛感

 デンマーク住宅やリビング商品の輸入販売をしていた私にとって、「リュース」はモノづくりに携わる初めての機会になった。右も左もわからず、文字通り手探り状態だった。それでも製品化にまでこぎ着けたのは、「人の縁」によるところが大きい。陶芸家の濱中氏に出会えたことや、機能の立証に山口県中小企業団体中央会から工業技術センターを紹介してもらえたのも、すべて人の縁からだ。日ごろ、ないがしろにされがちな人間関係の大切さをあらためて痛感した。これからも人との出会いを大切にしていきたい。

会社概要

会社名:株式会社ライフ
住所:山口県山口小郡上郷1500-14
業種:北欧住宅やリビング商品の輸入販売業
電話:083-972-4556
URL:http://www.ydalife.com/