HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

高知

「Made in 土佐」をキャッチに、ユズ・トマトをゼリーやジュースに

企業名 高知アイス 三類型 農林水産物 地域資源名 ユズ、トマト
高知アイス・浜町文也社長

高知アイス・浜町文也社長

キャッチコピーで業績向上

 高知アイスは高知県産の柑橘類を使ったアイスクリームの製造販売会社。浜町文也社長は「私たちが高知県産トマトゼリーやジュースを普及させ、地元のみんなが豊かになる仕組みをつくりたい」と熱く語る。

 その思いを具現化するため、県の協力のもと中小企業地域資源活用促進法に応募。2007年10月にこの認定を受けた。今後、ジュース類の製品開発や販路開拓に取り組んでいく考えだ。

 高知県はユズ、ブンタン、ポンカンなどの柑橘類大国。だが高知県の農家は、これまでほとんど加工せず果実のまま市場に出荷してきた。これに比べお隣の愛媛県は、すでにミカン果汁製品を数多く製品化している。

 サラリーマン当時、高知名産のアイスクリーム「アイスクリン」販売で全国の物産展を回っていた浜町社長は「高知の豊富でおいしい柑橘類を活かした加工品(アイスクリームやシャーベットなど)をつくり、年中食べてもらいたい」という思いから1988年に高知アイスを創業した。物産展で知り合った関東のジェラート店で修行を積み、果汁と水、砂糖の比率を変え、何十回と試作を繰り返した。

 ようやくポンカンやブンタンのシャーベットができ上がった。その後、高知の柑橘類を原料にしたアイスクリームやシャーベットの「おいしいんだもの」シリーズなど品揃えを増やしている。

 社名の高知アイスには「高知をアイ(愛)しちゅう(愛している)」という意味が込められている。創業当初から「生産者の顔がはっきり見えるアイスクリーム」をコンセプトにユズだけでも約100軒の農家と契約。農家から直接仕入れ、パンフレットなどに生産者の写真を載せている。

 そして大きな分岐点となったのが、デザイナーの梅原真氏と一緒に仕事を始めてから。アイスクリームのパッケージを変更し、梅原氏から「Made in 土佐」のキャッチコピーを得た。物産展で来場者の目を引き、業績が伸びてきた。現在は売上高3億8,000万円。従業員約20人を雇用している。

衝撃的なハッピートマトとの出会い

温暖な土佐の風土から生まれるいい素材にこだわったアイスクリーム。旬の味を贅沢につめこんだ逸品だ。

温暖な土佐の風土から生まれるいい素材にこだわったアイスクリーム。旬の味を贅沢につめこんだ逸品だ。

 そしてさらに売上げを伸ばそうというとき、出会ったのが建設業から農業へ新規参入した萩原建設(高知県安芸市)。同社が運営する農業生産法人「ハッピーファーム」(同)のハッピートマト(ミニトマト)だった。

 このトマトは南国土佐の暖かい気候で栽培できる糖度9度から12度くらいの糖分たっぷりのフルーツトマト。「偶然ハッピートマトのジュースを飲ましてもらったところ、即座にこれを商品化しないともったいない」(浜町社長)と思ったという。

 現在、ハッピートマトを生産する農園は数軒にとどまっているが、これを原料とする新製品が軌道に乗れば現状では供給が追いつかなくなる。県内には萩原建設と同じく公共事業の減少で厳しい経営の建設業が多く「そうした仲間を引き込んで一緒に事業を展開できれば」(同)と夢を膨らませる。

【コメント】高知アイス・浜町文也社長
「Made in 土佐」が自信に

 創業から10年間以上苦労の連続だった。当初は物産展中心に販売展開したが、バブル期をピークに物産展の回数を増やさないと売上げは増えなくなった。卸に力を入れ始めていたころに数々の出会いがあったが、一番は梅原デザイン事務所の梅原真氏と知り合ったこと。

 カツオのたたきの「漁師が釣って、漁師が焼いた」と、高知県大方町の砂浜美術館の「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です」という2つの気に入ったキャッチフレーズがあった。これらがともに梅原氏のものだと知り、ずっと会いたかった。

 「梅原さんにお願いするには自身が力不足」と約10年も辛抱していたが、知り合いが梅原氏の力を借り、お茶の販売実績を伸ばすのを見て居ても立ってもいられなくなった。そして「おまんのしちゅることは『Made in 土佐』だ」という言葉を梅原氏から聞き、自信となった。当社のキャッチフレーズにもなった。それからパッケージデザインなど、当社にとって、なくてはならない人になった。

会社概要

会社名:有限会社高知アイス
住所:高知県伊野町下八川乙683
業種:アイスクリーム製造販売
電話:088-850-5288
URL:http://www.kochi-ice.com/