HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

福島

健康と癒しの温泉目指して

企業名 いわき湯本温泉旅館協同組合 三類型 観光資源 地域資源名 いわき湯本温泉
いわき湯本温泉旅館協同組合・安藤勇助理事長(割烹旅館わ可ば社長)

いわき湯本温泉旅館協同組合・安藤勇助理事長(割烹旅館わ可ば社長)

バルネオセラピストを養成

 いわき湯本温泉は1000年以上の歴史をもち、中世には戦国大名の来湯も多くあったと言われる。常磐炭鉱時代は石炭を1t掘るのにお湯40tが湧き出るため、余分なお湯との戦いだった。湯量は毎分5t、海底と山間部の地下からの混合泉で硫黄泉と塩化物泉の混ざった珍しい温泉だ。

 いわき湯本温泉が注目されたのは2007年の日本アカデミー賞最優秀賞に選ばれた映画「フラガール」。この映画は常磐炭鉱が観光施設「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾートハワイアンズ)に変身、その目玉になったフラガールの話だった。このブームに沸いたのがスパリゾートであり、地元の湯本温泉だった。

 いわき湯本温泉旅館協同組合の取り組みは「健康と癒し(いやし)」がテーマ。まず全国でブームになっていた温泉保養士を育てることから始まった。小野倫明・日本温泉保養士協会理事の指導を受けて温泉保養士の育成を図り、名称を各地の温泉では温泉ソムリエや温泉セラピストなどと称していたが、いわき湯本では「バルネオセラピスト」とした。講習会は5年前から行い、3日から1週間の講習を受けている。「バルネオセラピストも増えているが、温泉旅館では発表の場に苦心している」と安藤勇助理事長は話す。温泉の効能を聞かれるのはほとんどが仲居さんで、発表の場がないのだという。

 5年間の地域資源活用事例として補助金を受けているが、初年度の07年はアンケートを行って、いわき湯本温泉がどのように利用されているのかを分析する。このほかにも冊子を発行して温泉をどう活用するか詳しい解説書を作りたいとしている。また安藤理事長は「フラダンスがブームになっているので、全国大会も開きたい」との考えだが、予算の裏付けなどはこれからだ。

旅館の広間でフラダンスの講習

旅館の広間でフラダンスの講習

オンパクで900回のイベント

 健康への取り組みと並行しているのが温泉博覧会「フラオンパク」だ。05年に別府温泉で開催された温泉博覧会を見学して、いわき湯本でも開こうと別府温泉の指導を受けながら08年1月6日から3月2日まで開いた。テーマは「フラガールの生まれた街で、元気になれ」。60種類のイベントを延べ900回開き、期間中は毎日どこかでイベントを開催しているという状況を作り上げた。主催は同協同組合にいわき市といわき商工会議所、スパリゾートを経営する常磐興産など。

 イベントはフラダンスの講習やフラガールのロケ地ツアー、常磐炭鉱の産業遺産ツアー、街中ツアーなどから、健康への取り組みとなる温泉力を満喫できる「バルネオセラピストの温泉講座」、「激闘!温泉めぐり」などを用意した。

 参加者は宿泊客だけではなく地元の人も多かったが、休日開催や夜間の開催では宿泊客の姿が目立った。さらに、この取り組みにはスパリゾートが参加したことによってスパリゾートハワイアンズの2デーチケット(2日間有効の入場券)の割引が受けられるようになった。

 いわき湯本温泉の旅館は、ピークの70年代の60軒から半減の30軒になったものの、ここ30年は現体制が続いており、健康への取り組みと温泉博覧会で盛り返しが、期待できるようになってきた。

旧常磐炭鉱の産業遺跡見学会

旧常磐炭鉱の産業遺跡見学会

【アドバイス】安藤勇助・いわき湯本温泉旅館協同組合理事長
 経営者が自信をもつことが重要

 福島県内の温泉は飯坂温泉はじめ東山温泉、磐梯熱海温泉と大きな温泉地ほど苦境が続いているようだ。いわき湯本温泉も入客数こそ減っていないが、団体から家族連れに変わることによって客単価も下がり苦しい状況であることは変わりない。

 しかし地域資源利用の補助金を受け、バルネオセラピストを養成することで温泉の経営者が自信をもつようになった。さらに「フラオンパク」を若手が中心になって開催することができ、ほかの温泉より活気が出てきたと言える。またオンパクではスパリゾートハワイアンズと共催することで、フラガールを外部に出演させることも可能になり、チケットの割引などもできるようになった。オンパクの結果はこれからだが、いい影響が出てくるとみている。

会社概要

団体名:いわき湯本温泉旅館協同組合
住所:福島県いわき市常磐湯本町天王崎1-70
業種:温泉旅館
電話:0246-43-3017
URL:http://www.iwakiyumoto.or.jp/