HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

認定事業計画の事例

国の認定を受けた「地域産業資源活用事業計画」申請事業者の活気ある声をお届けします。

埼玉県

秩父銘仙のシャツで新市場を開拓

企業名 新啓織物 三類型 鉱工業品 地域資源名 秩父銘仙、秩父ほぐし捺染

秩父で生まれたほぐし捺染

秩父銘仙。モダンな色柄と表裏がないのが特徴

秩父銘仙。モダンな色柄と表裏がないのが特徴

 古くは養蚕と絹織物の産地として栄えた埼玉県秩父市。ほぐし織り、ほぐし捺染という独特の手法によるモダンな色柄は、大正から昭和初期にかけて、当時の若者たちのカジュアルな着物として一世を風靡した。

 このほぐし織り、ほぐし捺染は、1908年(明治41)、秩父の地で生まれた。経糸を仮織りし、糸がばらばらにならないよう所々を緯糸で留めた状態で、型染めを施す。その後、本織りの緯糸を織り込む際に、仮織りの緯糸をほぐし(取り除き)ながら織るため、ほぐし織りと呼ばれるようになった。仮織りの状態で型染めするので、かすりでありながら、細かい柄や多色使いが可能なのが特徴だ。また、表裏がないので、着物の表が色褪せたら仕立て直しをして、裏も活用できるという利点がある。

 昔ながらの木製の織機を使用し、型染めも機械化が難しいため、熟練した職人が手作業で行う。こうした手間のかかる高い技術を継承する後継者は少ない。最盛期には、地域の各家庭に織機があり、地域全体で生産していたが、現在、織元は数えるほど。型染め工場は1件になってしまい、後継者問題は深刻だ。

柿渋を織り込んだクールビズシャツ

昔ながらの木製の織機を使う

昔ながらの木製の織機を使う

 衰退する現状を打開し、技術を後世に伝えたいと、新たな秩父銘仙の商品開発に取り組むのが新啓織物だ。現在、着物の反物やのれん、座布団カバーなどを中心に織っているが、新しい市場を開拓するため、シャツの製品化に取り組んでいる。

 「米沢織りや阿波しじら織りなど、ほかの地方でもクールビズシャツを展開し、新しい市場に対応している。クールビズに着目した商品は市場性が高く、販売の拡大が期待できる」と話すのは、同織元の新井教央さん。家業を継ぐ以前は大手織物会社の海外事業部でインテリア用品などの開発に携わっていた。

 シャツはデザイン、柄ともにシンプルでセンスの良い製品を目指す。また、綿や綿麻の素材の質感を大切にしたクオリティーの高さも重視。さらに、柿渋を織り込んで汗や加齢臭対策の機能を加える。柿渋入り石けんのブームを見ても、臭い対策への関心は高いと思われる。

 販売価格は2万円くらいを予定している。なるべく価格は抑えたいが、素材や工程を考慮すると2万円程度が妥当なところ。販売は高級通販雑誌や航空会社の機内誌などの通信販売を利用し、富裕層をコアターゲットに販売していく。
 新しい製品が注目され秩父銘仙の技術が継承されるよう、質の良い製品の開発と効果的な販路開拓に努めたいという。

新啓織物・新井教央さん

新啓織物・新井教央さん

【コメント】新啓織物・新井教央さん
人材育て技術を伝承したい

 かつて、モダンな色柄の着物として一世を風靡した秩父銘仙。現在は職人が減少し、技術を継承していくことに大きな危機感を覚える。地元の振興団体でも技術指導や人材育成に取り組んでおり、織物に興味を持って訪ねてくる人も少なくない。しかしながら、織物を生業としていくには厳しいのが現状。
 新規製品を開発し、市場を開拓することで、新しい人材を育て秩父銘仙の技術を伝承するために尽力したい。

会社概要

会社名:新啓織物
住所:埼玉県秩父市中宮地37-9
業種:織物製品の製造
電話:0494-22-3140
URL:http://arakei.com/