HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

大阪・八尾市、近畿大建築学部と街づくり研究連携

 【東大阪】大阪府八尾市と近畿大学建築学部は、八尾市の街づくりを進める連携協定を結んだ。両者が協定を結ぶのは今回が初。まず同市北部の地域を対象に街の再整備を検討するほか、八尾市での成果を建築学の発展につなげていく。具体的な活動内容は今後詰める。

 このほど開いた連携協定の調印式で田中誠太八尾市長は、「八尾市の課題は人口減。(個人的に)魅力ある街づくりへの思い入れが強い」と意欲をみせた。

 近畿大は2011年に国内で初めて建築学部を設置。従来の工学的な建築学に加えて、地域社会に根ざした建築計画が構築できる人材の育成を目指している。


【2014年4月8日 日刊工業新聞社】