HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

佐賀県有田町など、16年に世界陶磁器フェス−有田焼400年で計画

 【佐賀】佐賀県有田町などは、有田焼創業400年記念事業の基本計画をまとめた。400年となる2016年に開く「世界陶磁器フェスティバル」を中心イベントとする。町内に複数拠点を設けて、陶磁器文化の発信や参加体験プログラムなどを実施。また、民家を活用した宿泊施設や街並みを整備し、回遊・滞在型のまちづくりを進める。一過性でなく窯業に関連した地域全体の持続的発展につなげる。

 このほか、3年間にわたり継続的にイベントを行う。15年には国内外の経営者や職人を招き、人材育成などをテーマにした「世界陶磁器職人サミット」を計画。プレイベントや国内市場の開拓も合わせて進めてPRする。詳細や個別・全体の集客目標は今後詰める。

 佐賀県など産官でつくる日本磁器誕生・有田焼創業400年事業実行委員会(有田町、田代正昭委員長=有田町長)がまとめた。総合プロデューサーは、05年の愛知万博チーフプロデューサーなどを務めた福井昌平氏。


【2014年4月1日 日刊工業新聞社】