HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/ドール・渡辺陽介社長「鳥取県と協業」

 味や品質の良さから海外でも人気が高い日本の農産物。一方で「日本の野菜・果物の輸出はまだまだ」と海外販売の遅れを指摘するのは、ドール(東京都千代田区)社長の渡辺陽介さん。

 鳥取県などと県産農産物の輸出促進に向けたパートナー協定を締結した。「パートナー関係の構築を通じ、農産物の輸出数量と金額を増やしたい」と意気込む。

 ドールの販路や流通ノウハウを活用して、アジアを中心に梨など県産品の輸出拡大を目指している。鳥取県との協業を成功させた上で、将来は「他県との取り組みも増やしたい」と、日本産農産物の“箱船役”になる構え。


【2014年3月31日 日刊工業新聞社】