HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/一ノ蔵・浅見紀夫名誉会長「酒で農業振興」

 東日本大震災で商品の日本酒が破損するなどの被害を受けた一ノ蔵(宮城県大崎市)。名誉会長の浅見紀夫さんは「震災後の出荷第1便は涙を流しながら見送った」と当時を振り返る。

 震災から3年が経過したが、被災地の復興は道半ばの状態。宮城県では都市部で復興が進んだものの、「沿岸部は人々が分散し、コミュニティーがなくなっている」と現状を嘆く。

 地元産業の活性化も復興の要素の一つ。日本酒には米が不可欠なため、「我々が頑張ることで農業の振興につながる」と、酒造りを通じて産業振興を支える。


【2014年3月17日 日刊工業新聞社】