HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

農水省、流通・外食店向けに地域ブランド農産物のDB開設

 農林水産省は地域ブランド農産物をスーパーのバイヤーなど流通業者と橋渡しするための知的財産発掘データベース(DB)を3月中に開設する。地域の伝統野菜などは市場に出回ることが少ないため価値が正当に評価されず、埋もれているケースが多い。これを発掘して流通業者やレストランなどがDBから生産者と直接交渉できるようにし、販路開拓につなげる。農産物のブランド価値を認めてもらうことで、農家の所得向上にも役立つとみている。DBへの年間2000件以上のアップを目指す。

 DBは食品産業センターが中心となり、開設の準備を進めている。鹿児島県の安納芋(あんのういも)、岐阜県飛騨市の寒干し大根など、地域で収穫できる珍しい農産物や伝統野菜を品目別や地域別で検索できるようにする。

 DBは一般の人も閲覧可能だが、バイヤーなど流通業者を対象に会員登録のページを設け、登録者だけが生産者と交渉できる仕組みとする。農産物の収穫時期はいつか、出荷可能数量はどれくらいか、希望出荷価格はいくらなどの条件を当事者同士で詰められるようにする。「BツーBの取引を加速する」(食料産業局新事業創出課)ことで農産物を通じた地域経済の活性化につなげる。

 農産物には生産者のPRだけでなく、栽培方法のこだわりやふさわしい料理メニューなど専門家のコメントをつける。バイヤーらが初めて見る野菜でも販売イメージがわくように工夫し、マッチングを促す。大手スーパーも地域の珍しい野菜や水産物などを発掘することで食品売り場を差別化できる。伝統野菜や地域農産物の発掘には、旅行会社やタクシー会社の情報も活用する考えだ。


【2014年3月12日 日刊工業新聞社】