HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

セーラー万年筆とエムビジュアル、音声ガイドペンで観光地案内サービス

 セーラー万年筆とエムビジュアル(東京都文京区、清水洋一郎社長、03−5684−5466)は、音声ガイドペンを用いた観光地での多言語案内サービスを本格化する。4月初旬から5月下旬までに比叡山延暦寺(大津市)や宮島(広島県廿日市市)、長崎グラバー園(長崎市)など国内11カ所で案内サービスを開始。年内に最大50カ所までサービスを提供する観光地を増やす。

 ガイドブックに印刷した微細なドットが示す内容に応じたコンテンツを音声で再生して案内する。比叡山延暦寺では入り口で音声ペンとガイドブックを500円(消費税込み)でレンタルし、ガイドブックは利用者が持ち帰ることができる。


【2014年3月10日 日刊工業新聞社】