HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

水産庁、水産物の輸出促進へブランドロゴ作成

 水産庁は国産水産物の輸出促進のための統一ロゴマークとキャッチコピーを作成した。海外の水産物市場に水産物を輸出する生産者や流通関係者に、商品包装や店頭広告で使用してもらう。ロゴマークなどの露出機会を増やすことで「日本産の水産物」のブランド向上につなげるのが狙い。

 ロゴマークは漁場を連想させる波に魚と富士山をあしらい、日本産であることを示した「JAPAN」の英文字を赤色ラインの丸囲いで表現した。キャッチコピーは高品質やおいしさを示す「Excellent Seafood JAPAN」とした。

 2013年の日本の水産物輸出額は2217億円。農林水産省は7年後の20年に3500億円まで引き上げる目標を立てている。


【2014年2月17日 日刊工業新聞社】