HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ニチコンと三菱自、宮城で再生可能エネを活用した農業システム稼働

 【京都】ニチコンと三菱自動車は3日、宮城県岩沼市で再生可能エネルギーを活用した農業システムを稼働したと発表した。

 太陽光発電で得た電気をいったん電気自動車(EV)に蓄電した後、温室などに供給する。農林水産省による「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」の一環。東日本大震災の被災地での農業復興に役立てるとともに、農業の競争力強化につなげる。

 岩沼市内に太陽光発電システムやEV用急速充電器、リチウムイオン二次電池などで構成する充電ステーションを設置。近隣の農家に三菱自の商用EV(ミニキャブ・ミーブ、ミニキャブ・ミーブトラック)を貸し出し、EVに蓄えられた電気の活用方法などを検証する。

 未電化地域でも系統電源に依存せずに農業の高度化を実現するとともに、生産コストの削減が期待できる。今後は太陽光に加え、風力や小水力などを用いた充電ステーションを設置。これらをネットワーク化し、地域でエネルギーを効率よく使う「スマートアグリネットワーク」の構築を目指す。


【2014年2月4日 日刊工業新聞社】