HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

日本公庫・高校生ビジネスプラングランプリ、宇和島水産高に栄冠

 日本政策金融公庫は11日に東京・本郷の東京大学で「高校生ビジネスプラングランプリ」の最終審査会を開いた。応募数1546件から最終審査に進んだ高校8組が約300人の聴衆の前でプレゼンテーションを行い、愛媛県立宇和島水産高等学校の「宇和海からの贈り物―水高育ちのエコなアワビ―」がグランプリに輝いた。

 学校で養殖したコンブを飼料に用いてアワビを低コストで養殖、販売するというプランで、代表者の翠簾屋(みすや)大雄君は「自分たちの取り組みを地域や日本全体の活性化につなげたい」と意気込んだ。樋口美雄審査員長(慶応義塾大学教授)は「地域の抱える課題解決が期待できる」と高く評価した。また、学校賞には7校が選ばれた。

 同グランプリは若者の創業意識向上を目的に初めて開催した。日本公庫の村瀬吉彦専務は「キャリア選択に起業を考えるきっかけにしてほしい」と強調した。


【2014年1月13日 日刊工業新聞社】