HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

パソナ農援隊、農業参入企業の人材育成講座を18日開講

 パソナ農援隊(東京都千代田区、田中康輔社長、03-6734-1260)は、農業参入を目指す企業向けの講座を18日に開講する。農地集積を目指す農地中間管理機構(農地バンク)の設立、強い農業の育成を目指す安倍晋三政権の政策などで企業の農業参入意欲が高まっており、需要は大きいと判断した。料金は1社当たり7万5000円、時間は計15時間で、企業数は10社程度を予定。農業分野の第一線で活躍する農業生産法人や農業関係者らが講師を務める。

 パソナ農援隊は農業分野の人材育成事業で、アグリベンチャー大学校を2013年8月に立ち上げている。企業向けの講座はこの大学校の個別コンサルティングコースとして開催する。

 農業参入希望の企業受講生に対して、法人として農業参入するうえで欠かせない農業生産の基本的知識とともに、販売戦略や労務管理、資材調達などについて実践的な講義を行う。


【2014年1月8日 日刊工業新聞社】