HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

アサヒ飲料、べにふうき茶を缶容器に変更−まとめ買い促進

 アサヒ飲料は14日に健康緑茶飲料「アサヒ べにふうき緑茶で快適生活」の容器をペットボトルからアルミ缶に変更する。同商品は花粉症やアレルギー性鼻炎に効くとされる成分「メチル化カテキン」を多く含む。通常の緑茶飲料と違い、ドラッグストアで購入される割合が高く、6缶パックなどのまとめ買いに対応する。容量340グラム、価格は157円前後とペットボトル商品と同程度。花粉症に悩むユーザーなどにまとめ買いを促すことで継続的な飲用につなげる。

 べにふうき緑茶は農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所との共同研究成果を活用。花粉症の効能が確認されているメチル化カテキンは1本当たり17ミリグラム含まれる。茶の一般品種「やぶきた」でなく、「べにふうき」に多く含まれ、場所も若葉より生育した葉に多く含まれる。

 同商品は鹿児島県内の農家と契約栽培で畑づくりから取り組んだべにふうき茶葉を100%使用した。


【2014年1月7日 日刊工業新聞社】