HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

とくしま産振機構、ファンド事例集作成−開発成果24事業掲載

 【徳島】とくしま産業振興機構(徳島市、福田哲也理事長、088‐654‐0101)は、機構発足30周年を契機に、徳島県内中小企業の新商品・技術開発や販路拡大を支援する「とくしま経済飛躍ファンド」の成果事例集を作成した。これまでに助成が決定した200件を超える事業のうち「LEDバレイ推進枠」「地域資源活用枠」「農商工連携枠」の3枠で24事業を選んで掲載した。

 地域資源活用枠ではアクト(徳島県吉野川市)の小型凝縮分離装置の開発成果を掲載。中小はもとより、大規模工場からも高い評価を受けたことなどを紹介した。事例集はA4サイズで30ページ。5000部を金融機関、振興機構の賛助会員らに無料配布。多くの企業などにファンド活用を促す。とくしま経済飛躍ファンドは、とくしま産業振興機構と徳島県、中小企業基盤整備機構などと連携し、2007年に設立した。


【2013年12月20日 日刊工業新聞社】