HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

JR東、東北でSL運行−釜石線花巻―釜石間

 JR東日本は2014年4月以降に復元した蒸気機関車(SL)「C58 239」によるSL列車「SL銀河」の運行を始める。岩手県のJR釜石線花巻―釜石間を中心に運行。臨時列車として休日を中心に年間80日程度の運転を計画する。4両編成で座席数は180席。けん引する客車は釜石線を舞台に描かれた宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」をテーマとする。東北の観光振興に寄与することで震災復興支援や地域活性化につなげる。

 列車の外観は銀河鉄道の夜に登場する星座や動物をシンボルとしたデザインとする。内装はガス灯風の照明やステンドグラスといった宮沢賢治が生きた大正から昭和の世界観を演出する。また沿線や東北ゆかりの品物を展示するなど、東北の文化や自然、風景を感じられる車内空間とする。


【2013年11月8日 日刊工業新聞社】