HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

栃木県農業大学校の研修生、メーカー2社訪問

 栃木県農業大学校(宇都宮市)が農業経営の改善を目指して実施している「とちぎ農業ビジネススクール」の研修生8人が5日、農業資材メーカーの関東農産(栃木県那須町)と自動化省力化機械メーカーの宇都宮精機(宇都宮市)を訪問した。他産業から農業経営の高度化のヒントを学ぶのが狙い。

 午前中に訪れた関東農産では、郡司祐一社長が「誰のため、何のために農業をするのかという問いと向き合ってほしい」と受講生を鼓舞。工場見学では質問が活発に飛んでいた。黒崎俊明栃木県農業大学校教授は「6次産業化などのきっかけをつかめれば良い」と期待していた。

 同スクールは5年以上の経験を持つ40歳以上の農業従事者を中心に構成し、今年で4期目。(宇都宮)


【2013年11月6日 日刊工業新聞社】