HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

ブランド百景−「NORTH FARM STOCK」

 「NORTH FARM STOCK(ノースファームストック)」。白亜ダイシン(北海道岩見沢市)が展開する農産物加工食品のブランド名だ。早坂亮二社長が「北海道発のおいしい手作りの食品を東京で売る」という明確な意志を持って2003年に立ち上げ、着実に成長してきた。10月には生産能力が2・5倍となる新工場が同市内に完成した。直営店舗も併設している。

 もともとは街の金物屋。89年に経営を引き継いだ早坂社長が「北海道の食の魅力発信」に着目し、業種転換に踏み切った。きっかけは道内の農協婦人部でごちそうになったトマトジュースのおいしさ。それが最初の扱い製品だった。1本720ミリリットル、1800円の価格設定。東京で懸命に営業したが、半年間は全く売れず、知人の紹介で出展した展示会が売れ始めるきっかけとなった。「価格競争は避け、付加価値で勝負する」方針は当初からぶれていない。

 扱い製品はジャム、ピクルス、ソース、ラスクなど約100種類に拡大した。半分程度は外部に生産委託している。「一つ以上は道産原料を使う」ことが社内ルールだ。「北海道とともに、地元岩見沢をもっと売り込みたい」と経済産業省から農商工連携の認定を受け、地元産ショウガを使った加工食品の開発にも取り組んでいる。

 デザインにも力を入れているが、「それはまず手に取ってもらうため」。「大切なのは中身。商品力がブランド認知につながる」と強調する。出荷先は70%が本州。一部海外にも行っているが、「国内にもっと浸透させたい」と視線は国内大都市圏に向いている。


【2013年10月31日 日刊工業新聞社】