HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

村上農園、豆苗工場2期着工−生産能力5割増

 村上農園(広島市佐伯区、村上清貴社長、082−923−6080)は、豆苗を増産するため山梨北杜生産センター(山梨県北杜市)の2期工事を着工した。総工費は約15億円で、2014年3月の完成を予定。1期工事で完成した施設内に種子貯蔵施設と種子選別ラインを設置する。
 これにより、種子の鮮度を損なうことなく貯蔵ができ、さらに高精度で選別した種子によって高品質の豆苗を生産できる。2期工事後の生産能力は現行比5割増の月360万パックとなる。
 豆苗はエンドウ豆の若い葉と茎を食べる緑黄色野菜で、豆の香りとシャキシャキした食感が特徴。栄養価の高さや調理が簡単なことから販売が伸びている。村上農園は豆苗生産の国内最大手。


【2013年10月23日 日刊工業新聞社】