HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

個性発信・話題の商品/富山市−食やくスイーツ

 2015年春の北陸新幹線開業を見据え、富山市で地元らしい土産品の開発が進められている。同市では12年度から商品力向上支援事業プロジェクトに取り組んでおり、地元の菓子店が共同で開発した土産品「薬都富山のめぐみ 食やくスイーツ」を9月に発売した。

 同事業に賛同した富山メルヘン、新栄堂、大野菓子舗、小蔵亀寿堂、シャルロッテ、佐々木千歳堂の市内6社が参加。各社が県内や市内で生産された健康に良いとされる食材などを1種類以上使って作った。

 商品コンセプトを「富山らしい、美味(おい)しくて、健康によいスイーツ」とした。商品名は“薬都富山”をイメージしやすいように薬を連想させる「丹」や「丸」といった漢字を使った。

 リンゴやイチジク、昆布などの素材の色を商品パッケージに反映させた。

 クッキー「赤粒丹(せきりゅうたん)」、タルト「紫甘丹(しかんたん)」、フランス風焼き菓子「檎黄丸(ごおうがん)」など6種類ある。価格は1個630円。販売1カ月で1000個以上を売り上げた。


【2013年10月21日 日刊工業新聞社】