HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

JR九州、クルーズトレイン出発−国内外から集客見込む

 JR九州は15日、豪華クルーズ列車「ななつ星in九州」の運行を始めた。JR博多駅で出発式が行われ、小川洋福岡県知事ら来賓に加えて14組28人の乗客も参加した。唐池恒二JR九州社長は「日本の鉄道や当社、九州の観光が新たな歩みを始める日」とあいさつし、乗客に向けて「一緒に旅に出発しましょう」と声をかけた。1番列車は唐池社長も乗り込み、山根久資博多駅長の出発合図のもと定刻の12時47分に発車した。

 同列車は3泊4日をかけて豪華な客室や料理、サービスとともに、由布院や阿蘇といった観光地を周遊する。立ち寄り先や沿線では、歓迎セレモニーや列車に旗を振るイベントを予定。自治体や企業などが自発的に催すものもあり、地域を挙げて期待が高まっている。車体を設計した工業デザイナーの水戸岡鋭治氏は「九州から大鉄道時代の幕が開くことを望む」と感慨深げに話した。

 JR九州は約30億円をかけて同列車を新造。九州観光のシンボルとして国内外からの集客を見込んでいる。コースは3泊4日のほか、長崎と阿蘇、由布院を回る1泊2日コースも用意される。(福岡)


【2013年10月16日 日刊工業新聞社】