HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

崎陽軒、包み紙に電車描いた炒飯弁当発売

 【横浜】崎陽軒(横浜市西区、野並直文社長、045−441−8851)は30日、JR東日本横浜支社や京浜急行電鉄など横浜駅に乗り入れている鉄道事業者5社と横浜市営地下鉄(横浜市交通局)の車両を包み紙に描いた弁当「横浜えきまつり 鉄道各社×崎陽軒炒飯弁当」を数量限定販売すると発表した。販売日は10月5、6、12、13、14の各日で、数量は600個。価格は780円。横浜駅での消費を盛り上げる地元経済界の活動の一環。


【2013年10月1日 日刊工業新聞社】