HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

辻製油、「うれし野アグリ」設立−植物工場でミニトマト

 【津】辻製油(三重県松阪市、辻保彦社長、0598−42−1711)は、浅井農園(津市)、三井物産と共同でミニトマトの栽培・販売を手がける共同出資会社「うれし野アグリ」を設立した。松阪市に国内最大級の植物工場を建設し、2014年秋にミニトマトの販売を始める。

 新会社の資本金は7000万円。辻製油が65%、浅井農園が20%、三井物産が15%をそれぞれ出資する。辻製油本社工場の隣接地に約2万2000平方メートルの植物工場を建設し、14年3月の完成を目指す。総事業費は約7億円。年間500トンのミニトマトの生産を見込む。植物工場の収穫量の目標は栽培面積1000平方メートル当たり25トン。国内ミニトマト農家の平均収量の約3倍という。ミニトマトは浅井農園や三井物産の販売ルートを通じ、百貨店や高級スーパーでの取り扱いを求めていく。


【2013年9月24日 日刊工業新聞社】