HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

北海道中小同友会、帯広市で食と農全国交流会開く

 【札幌】北海道中小企業家同友会は、とかち支部の農業経営部会設立25周年記念事業として「食と農全国交流会」を北海道帯広市で開いた。北海道と22都府県の中小企業家同友会から420人が参加した。中小企業家同友会の食と農をテーマにした全国規模の交流事業は今回が初めて。

 初日は先進的な取り組みを視察する17の分科会を実施。第1分科会は十勝しんむら牧場(上士幌町)を訪問した。同社は放牧で健康な牛を育て新鮮な生乳からミルクジャム、クロテッドクリームなど高付加価値の6次製品を創出。新村浩隆社長は「1次原料がしっかりしていないと、いい6次製品はできない」と訴えた。2日目は山本英明山本忠信商店社長が講演。十勝産小麦を活用して地域活性化につなげる取り組みを紹介し十勝産食材をトータル発信する「十勝イタリアーノ構想」を披露した。


【2013年7月22日 日刊工業新聞社】