HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

千葉・船橋市の飲食店33店、梨のカクテル開発−コカ・コーラが協力

 千葉県船橋市の飲食店33店舗とコカ・コーライーストジャパンは、市の名産の梨を使ったカクテル「アリノミクス」を開発した。27日から各店舗で販売する。開発を主導した飲食店経営者の近藤智也氏は「梨の別名である『有りの実』から命名したカクテル。『アベノミクス』にあやかり市経済の活性化につなげたい」と期待を寄せた。

 市内の農家から仕入れた梨ジュースとウオツカ、「コカ・コーラゼロ」などを混ぜたカクテル4種類で、価格は550円。ニンジンなどの地元野菜を使ったカクテルも開発する予定だ。

 コカ・コーライーストジャパンはカクテルの開発支援や割り物の提供、PRを担当。「飲食店とゼロからカクテルを開発する事例は珍しい。こうした試みを増やしたい」(担当者)としていた。(千葉)


【2013年7月12日 日刊工業新聞社】