HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

山形県、18日まで名古屋で「物産展」

 山形県は12―18日の7日間、名古屋市中村区の名鉄百貨店7階催事場で「第42回 山形県の観光と物産展」を開く。目玉は同県の特産品として有名なサクランボ「佐藤錦」の量り売り。会期中に8万人の来場と8500万円の売り上げを見込んでいる。

 今回は62社が参加。サクランボのほか、米沢牛、漬物、地酒など同県の名産品がずらりと並ぶ。今回、佐藤錦を育成した本家が初登場し、佐藤錦のプチタルトを販売する。このほかにも食用バラを使ったジャムや納豆を販売する店など新規出店も多い。牛丼や中華そばなどが食べられるコーナーも設ける。

 11日には佐藤錦の産地である東根市の観光キャンペーンガール「2013果樹王国ひがしねプリンセス」の寺崎都さんと同市のイメージキャラクター「タントくん」が同展のPRのため、日刊工業新聞社名古屋支社を来訪した。(名古屋)


【2013年6月12日 日刊工業新聞社】