HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

東商など、宮城・気仙沼の「伊達な商談会」にバイヤー派遣

 東京商工会議所など全国5商工会議所をはじめとした各団体は、27、28日に宮城県気仙沼市で開催される「伊達な商談会in気仙沼」に、会員を中心とした25社・32人のバイヤー(製品やサービスの購入責任者)を派遣する。東日本大震災で被災した中小食品製造業者の販路回復・拡大を求める声に応じたもの。現地、気仙沼のサプライヤーは約50社が参加する見通し。

 参加バイヤーは東商から7社のほか、札幌商工会議所から5社、大阪商工会議所から2社、神戸商工会議所から2社、福岡商工会議所から3社。このほか、全国百貨店協会ルートで4社、主催の東北六県商工会議所連合会ルートで2社。

 商談会の翌日にバイヤーは生産体制が整い商品の安全性が確認されている八葉水産、石渡商店の2社を視察する。


【2013年5月24日 日刊工業新聞社】