HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

セブン&アイHD、新潟市に農業事業会社を設立

 セブン&アイ・ホールディングスは新潟市に農業事業会社「セブンファーム新潟」を設立、循環型の農業を開始する。同社の農業関係の法人設立は全国で8カ所目。2013年度中に全国10カ所で拠点を設け、専用農場の合計面積を約60ヘクタールまで拡大する。

 セブンファーム新潟はセブン&アイの農業事業の中核会社と新潟市の農業生産者との共同出資で設立。約3ヘクタールの耕作地で野菜を中心に栽培し、収穫した農産物はほぼ全量県内の「イトーヨーカドー」店舗に出荷する。

 セブン&アイでは環境循環型農業で店舗から排出された食品残さを堆肥として再利用する。これを専用農場で活用し、そこで収穫された農産物を食品残さが排出された店舗で販売する。


【2013年5月21日 日刊工業新聞社】