HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

経営ひと言/わたらせ渓谷鉄道・樺沢豊社長「エンドレスに回る」

 「ストーリーや間(ま)が必要」とイベントの心得を強調するのは、わたらせ渓谷鉄道(群馬県みどり市)社長の樺沢豊さん。歌声列車やイルミネーションなどの企画を相次いで考案している。

 トロッコ列車でフランス料理を味わうツアーでは、キッチンカーを並走した。「お客さんは高いお金を払っているのだから、出来たての食事を提供して喜んでもらわないと」と知恵を絞った。

 イベント運営には地元のボランティアも協力している。「人の輪は車輪の輪と同じで、エンドレスに回り続けることができる」と、人々とのつながりに感謝しきり。(宇都宮)


【2013年5月10日 日刊工業新聞社】