HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

栃木・鹿沼会議所、地場産品をブランド化−販路開拓後押し

 【宇都宮】鹿沼商工会議所は、これまでに支援した地場産品をブランド化する。現在の製造、販売状況を調査後、2013年度中にブランド認定する計画。カタログやホームページなどで訴求し、販路開拓を後押しする。具体的なブランド名やロゴ、認定数などは今後詰める。同会議所は自治体の補助制度、デザイナーらを活用し、木工製品、園芸向けの土、菓子やこんにゃくなどの地域資源を活用した商品開発を支援してきた。ただ開発後のバックアップが十分ではなかったため、販売に結びついていないケースも多い。このため支援品を見直し、認定のお墨付きを与えるとともに、専門家がアドバイスして収益を上げるための支援に乗り出す。


【2013年4月25日 日刊工業新聞社】