HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

京都府北部地域、「海の京都」PR−交通インフラ整う

 京都府で北部地域を観光地とする取り組みが進んでいる。地元7市町による「海の京都観光推進協議会」などがこのほど発足したほか、京都府はクーポン券を掲載した案内冊子「海の京都パスポート」の配布を始めた。同地域は2014年度までに相次ぎ交通インフラが整うため、新たな観光資源として注目される。山田啓二京都府知事も「本格的なキャンペーンを開始する」と意気込みを示す。

 これまで京都の都心部に集中していた観光客を「海の京都」として京都府北部の観光資源にも誘致するのが狙い。この活動を促進するため、同協議会のほか、民間事業者や経営専門家らによる「海の京都実践会議」と、行政実務者による「海の京都プロジェクトチーム」も今月発足した。

 また京都府は北部地域の観光スポットを紹介するとともに、飲食店など76施設のクーポンを掲載した同パスポートを5万部作成。近畿圏内の主要サービスエリアなどで今週から配布している。

 日本海に面する同地域は天橋立などの観光資源はあるものの、広範囲に点在し集客力を発揮しきれていなかった。ただ14年度までに京都縦貫自動車道や舞鶴若狭自動車道などの整備が相次いで進み、関西都心部や北陸とのアクセスが大きく改善される。


【2013年4月23日 日刊工業新聞社】