HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

関西同友会など、「三都食物語」発刊−会員が隠れた名店紹介

 関西経済同友会と京都経済同友会、神戸経済同友会は「三都食物語 経済人たべある記」を発刊した。書店など一般販売はしないが、会員経由で800円で購入できる。印刷部数は7500部。会員分を除く在庫は約2000部。京阪神の三経済同友会の110人の会員が食べ歩いているお薦めの店を紹介する。

 市販のグルメ本とはひと味違うのが特徴。紹介店は京都府、大阪府、兵庫県内の110店。ジャンルの制約はなくランク付けもなし。平均予算の上限は1万2000円前後。 推薦者がお薦めメニューや店と出会ったいきさつ、店主との関わりなど自由に執筆した。 鳥井信吾関西経済同友会代表幹事は日本料理の大和屋を紹介。お店の歴史や日本の伝統芸能に見識の高い女将、名物のカニクリームコロッケなどの魅力を語っている。


【2013年4月18日 日刊工業新聞社】