HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

神戸会議所、工業・農業との橋渡し−連携して新商品開発

 【神戸】神戸商工会議所が工業と農業との橋渡しをする「“商農工連携”商品・サービス開発事業」で成果を上げている。神戸市内の中小企業6社と農業生産者グループの兵庫大地の会(兵庫県姫路市、衣笠愛之社長、079-335-1411)が連携して新商品を開発。2013年度も継続するほか、農作業改善につながる機械器具や技術開発などにも取り組む。兵庫大地の会は12年3月に株式会社化した兵庫県内の若手農家を中心に25人で構成する農業生産者グループ。650万平方メートルの農地にうるち米、大豆、野菜、そばなどを育てている。

 神戸商工会議所は12年4月に兵庫大地の会が県内で育てた米や大豆などを使った商品・サービスの提案を企業から募集。11件中6件を選び、1年かけて食品や化粧品などの開発を支援した。


【2013年4月8日 日刊工業新聞社】