HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

国産小麦を限定パンに−ドンク、12日から118店でフェア

 国産小麦をもっと食べよう―。ドンク(神戸市東灘区、中土忠社長、078-441-2041)は、全国のベーカリーショップ118店舗で国産小麦「ゆきちから」と地域の食材を使ったパンを限定販売するフェアを12日に始める。ゆきちからは農業・食品産業技術総合研究機構が開発したパン専用の小麦で、上品でくせのない香りと味が特徴。フェアを通じて国産小麦の消費拡大と生産地の活性化を図る。

 富山県高岡市のJA高岡を通じて同県産のゆきちからを25トン買い付けた。自社のパン職人が試作を兼ねて北海道チーズ香るミニ食パン(210円)、徳島地鶏の真っ赤なトマトカレーピザ(同)、宮崎マンゴークリームと奈良ブルーベリーパン(231円)などオリジナル商品8品を、29日まで限定販売する。

 農林水産省によると、ゆきちからの作付面積は2008年に1018ヘクタールだった。11年には1699ヘクタールに拡大した。製パン大手の敷島製パン(名古屋市東区)がゆきちからを使った食パンを投入するなど採用の動きが広がりつつある。


【2013年4月8日 日刊工業新聞社】