HOME > 事業を広げる > 地域資源活用チャンネル

地域資源活用チャンネル

ニュース

足利銀と栃木県、地域経済発展へ協定

 【宇都宮】足利銀行と栃木県は26日、地域経済発展に向けた連携協定を結んだ。県内企業の成長力強化、新産業や成長産業の開拓・支援、企業誘致や定着促進を目指し、観光、エネルギー・環境などの分野で連携して取り組む。

 協定の名称は「地域経済の発展を目的とした連携協定」。足利銀、県、野村証券それぞれに海外進出支援相談窓口を4月1日に設ける。電話や電子メールなどによる相談に応じ、日本貿易振興機構(ジェトロ)などの国際化支援機関と連携して県内の企業を支援する。

 県観光物産協会と連携し、足利銀の埼玉県内の全15店舗に観光PR用パンフレットのスタンドを設置。同行宇都宮中央支店(宇都宮市)のショーウインドーでも県内観光地のPRをする。

 県の太陽光発電の普及策を後押しするため融資制度を設けたほか、県の「フードバレーとちぎ推進協議会」と共催で食や農業をテーマにしたセミナーを開く。

 足利銀、県、野村証券は2009年に「地域経済活性化研究会」を立ち上げている。


【2013年3月27日 日刊工業新聞社】